トップへ

遺産相続「先生、教えて!」
遺産相続「先生、教えて!」
新着記事
あの時こうしていれば……  後悔がつきものの相続だけど
あの時こうしていれば……
後悔がつきものの相続だけど
人がいつ亡くなるか? いつ相続が発生するのか? 正確に予測することは不可能です。それだけに、「節税のために、できる対策がこんなにあったのに」「早く決断すればよかった」といった“嘆き節”を生みやすいのも、相続の難しいところ。今回は…
予想外の感情があふれ出る  それも相続の真実です
予想外の感情があふれ出る
それも相続の真実です
ふだん特にお互いを意識することなく暮らしていた家族だったのに、相続が発生したとたんいろいろな感情が顔を出し、時にはそれが諍いを生んでしまう――。それが相続の怖さ、「不思議さ」でしょう。今回は、これまで数多くの案件に立ち会ってきた…
記事一覧
すんなりまとまる相続もあれば、図らずも揉め事を招く場合もあります。ただ、いずれにしても、遺産分割協議がまとまり、税務調査の入らないような相続税の申告を行えば、それで一件落着…
「遺産の不動産の評価額を過大に見積った結果、相続税を払い過ぎた」。そんな時には、法定申告期限(被相続人が亡くなった日から10ヵ月)から5年以内ならば、税務署に対して還付請求…
遺産分割をめぐって、親族同士が骨肉の戦いを繰り広げる「争続」。時には、相続人の間の話し合いではまとまらず、裁判に持ち込まれることもあります。今回、大貫利一税理士事務所の大貫…
相続における税理士の仕事は、相続税の節税のために知恵を絞り、できるだけ遺産分割協議がスムーズに進むよう、サポートすること。しかし、実際の相続には、それ以外に様々な問題の起こ…
人は誰しも、大なり小なり秘密を持っているもの。亡くなって、初めてそれが親族たちの前に明らかになることもあります。それが、「おばあちゃんには、こんな趣味があったんだ」という類…
被相続人の遺言書があれば、それに基づいて分ける。なければ、法定相続分(※)に従って分割協議を進める。それが、相続の基本です。しかし、シナリオ通りにはいかずに、争いを招くこと…
「自分が死んだら、財産はこう分けて欲しい」。そういう意思を、残る人たちにきちんと伝える遺言書は、無用の相続争いを防ぐうえでも重要です。でも、書き方を間違えると、思いとは異な…
支払う税金はできるだけ少なく、そして何よりも円満な相続にしたい――。税理士に相続について相談する人は、みんなそう願っているはず。では、アドバイスを送る側は、最良のサービスを…
記事一覧