「平等」のはずが……知っておきたい「共有名義」の怖さ ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「平等」のはずが……知っておきたい「共有名義」の怖さ

「平等」のはずが……知っておきたい「共有名義」の怖さ
vol.003img
「土地は、きょうだい仲良く3分の1ずつに分けなさい」。良かれと思って書いたその遺言により、子や孫が悩み、苦しみ、骨肉の争いを展開するとしたら……。一時の判断で、後の代まで禍根を残してしまう、そんな怖さも相続にはあるのです。税理士・公認会計士の鴛海量明先生に聞きました。
ネズミ算式に、「争いのタネ」が増えていく

私のところには、単に節税の方法だけでなく、相続のやり方そのものを相談に来る方が多くいます。そんな時、「1つの不動産を共有名義にして相続するのだけはやめましょう」と、必ず言うようにしています。将来、大問題に発展する危険性が極めて高いからにほかなりません。

例えば、A家のきょうだい3人が土地を共有で相続したとします。この場合、自分の持分を売りたいと思っても、土地を担保に借金しようと思っても、他のきょうだいの印鑑が必要になります。

よしんば、3人はすこぶる仲良しで、とりあえず何の問題もないように見えたとします。しかし、まったく違うB家、C家、D家というバックボーンを持つ、それぞれの配偶者がそこに加わったら、どうでしょう? とたんに、見える景色は変わってきます。さらに、その子どもが相続する段になり、「疎遠な」当事者がどんどん増えていくのです。

実際、私のところに来たお客さまで、土地に30人近い法定相続人がいる、というケースがありました。直接の利害関係者がそれだけいたら、土地をどうにかしようと思っても、まず意見はまとまりません。
相続に「弱い」税理士もいる!

別のお客さんで、1回目の父親の相続時に、すべての土地がきょうだいで2分の1ずつになっている、という方がいました。2回目の母親の相続で相談に来られたのですが、今述べたような事態にならないためにも、共有の解消をお勧めしています。

それにしても、1回目の相続で相談を受けた税理士さんは、なぜそんな判断をしたのでしょうか? 正直、私には理解できません。分割協議がうまくいかず、仕方なく共有にしたのか……。でも、これをやると、将来に文字通り「負の遺産」を残す公算大なのです。

同業者の悪口を言うのが真意ではありませんが、税理士にも分野によって“得手・不得手”のあることを、頭の片隅に置いてほしいと思います。相続は、相続に強いプロに。それが鉄則です。
カテゴリ:遺産分割
関連記事
揉めないために、相続人には「数字の出し方」も工夫する
誰かが亡くなって相続が発生すると、相続人の間で遺産分割協議になります。すんなりまとまればいいのですが、少なくない相続で諍いが発生し、やがてそれが親族の絆をズタズタにするような「争続」に発展するのが、日本の現実でもあるのです。そうならないために知恵を絞るのも、税理士さんの仕事。今回からは、税理士法人長沼税務会計事務所の長沼隆弘先生に、そんな知恵の一端をお話しいただきます。
どうなる? 配偶者相続分の引き上げ
国による民法の相続分野の見直しが始まっています。法務大臣の諮問機関である法制審議会の部会が、「遺産分割時の配偶者の法定相続分(※1)を、3分の2に引き上げる」ことなどを内容とした中間試案を公表したのが、今年6月。ところが、夏場に実施されたパブリックコメント(意見公募)では、これに対する反対意見が多数を占めました。法改正の行方は流動的といえます。今回は、税理士法人斎藤会計事務所の斎藤英一先生に、あらためてこの問題の論点整理をお願いしました。
相続税調査の「簡素化」に乗り出した税務当局。キーワードは「書面添付」
今年1月から、基礎控除が4割引き下げられたのに伴って、相続税の申告件数、課税対象者が大幅に増えました。当然、申告を受ける税務当局の仕事量も増加。そこで当局は、そうした状況に対応するため、昨年から相続税調査の「総点検」、すなわち簡素化に取り組んでいるそうです。クローズアップされているのが、「書面添付事案」への対応。どういうことなのか、税理士の木村智行先生にうかがいました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら