「感情」と「勘定」が入り乱れる遺産分割。揉めないコツって? ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「感情」と「勘定」が入り乱れる遺産分割。揉めないコツって?

「感情」と「勘定」が入り乱れる遺産分割。揉めないコツって?
vol.013img
それまで平穏に暮らしていたきょうだいが、父が亡くなったとたんに、遺産分割をめぐって骨肉の争いを始める――。残念ながら、今の日本では、決して珍しいこと、「他人ごと」ではないようです。そんなことにならないようにする妙案はあるのでしょうか? 税理士の遠山順子先生に聞きました。
親が勝手に決められる時代は終わった

子ども同士が揉めないように、よかれと思って作っておいた遺言書がもとで、逆に喧嘩になった例を、私は税理士として数限りなく見てきました。揉める遺産相続には、「できるだけたくさんの財産が欲しい」という「勘定」だけでなく、身内への様々な「感情」も入り乱れてきます。「兄は私立の学校に行ったのに、自分は公立だった」「長女の孫ばかりかわいがって、多く小遣いをあげていたじゃないか」……。こういう話になってくると、合理的な結論を導くのが、どんどん難しくなってしまいます。

そもそも論を言わせていただくと、相続というのは自分が築いた財産を、配偶者や子どもに残す行為です。誰に何をどれだけ相続させるのか、というのは、本来残す人間が自由に決められてしかるべきもの。実際、ひと昔前まではそれで問題が起こることは、ほとんどありませんでした。

しかし、相続人が権利意識に目覚め、相続に関する情報がこれでもかと耳に入る時代環境になって、状況は一変しました。被相続人は、「遺言書さえしっかり書いておけば、みんなそれに従ってくれるだろう」という考えを、まず捨てるべきでしょう。
遺産分割協議には、嫁も婿も連れてくる

結論を言えば、揉めないためには、「相続の中身を被相続人が独断で決めずに、生前に子どもを含めて話し合い、十分納得を得ておく」ことが大事。「人生最後の相続ぐらい、すべてを自らの意思で決めたい」というお考えの方もいらっしゃるでしょう。ただ、のちのちのトラブルの芽を摘むことを最優先にするのなら、これがベストのやり方だ、と申し上げておきたいと思います。

当然のことながら、相続人のほうにも考えるべきことがあります。例えば、そうした生前の話し合いにおいても、被相続人の死後、遺産分割協議になった場合でも、子どもの頃のことを持ち出したりしていたずらに感情を増幅させるような態度は、厳に慎まなければいけません。それでこじれるケースは、枚挙にいとまがないのです。

付け加えれば、かつては「遺産分割協議に、嫁と婿は口も顔も出させない」というのが、鉄則でした。法的な相続の権利がないにもかかわらず、こういう人たちが出てきて、議論を複雑にしてしまうことがあるからです。ただ、最近私は「嫁も婿も協議に参加してください」というふうに、方針を変えました。せっかく協議が進んだと思ったのに、家に帰って配偶者にいろいろ言われて翻意する人が、やはり少なくないのです。だったら、いっそのこと出てきてもらって、「これでよろしいですか?」と納得してもらったほうがいい。長男のお嫁さんが義理の親を介護していた場合などは、その生の声を聞くことで、他のきょうだいの理解を得られるかもしれません。

ともあれ、強調しておきたいのは、関係者みんなが100%納得する「厳密に公平な相続」というのはあり得ない、ということ。特に相続人には、明らかに理不尽なものでなければ、できるだけ被相続人の遺志を尊重する、という態度が必要だと感じるのです。
カテゴリ:遺産分割
関連記事
心したい「相続は“棚ぼた”である」
揉めない相続のためには、被相続人が遺言書などで、遺産分割に対する意思を明確にすることが大事。ただしそれ以上に重要なのは、相続人の心構えだ、と税理士法人長沼税務会計事務所の長沼隆弘先生は言います。相続人たちは、どんな気持ちで相続に臨むべきなのか、そもそも相続とは何なのか? 今回もその道のプロにうかがいます。
遺産分割協議の「招かれざる客」=相続人の配偶者
被相続人が残した遺産を、相続人の間で具体的にどう分けるのかを決めるのが、遺産分割協議です。ところが、ただでさえナーバスになるその現場に、事態を一層複雑にする「部外者」が介入することが、たまにあります。協議は、あくまでも相続人同士で行われるべきもの。そのルールを破るデメリット、リスクを、税理士法人長沼税務会計事務所の長沼隆弘先生に語っていただきました。
相続した株が、直後の会社上場で“大化け”したら
人は、「相続に都合のいいタイミング」で亡くなるとは、限りません。場合によっては、遺産分割協議の間に、相続の条件が大きく変わってしまうこともあります。例えば、相続財産の「価値」が変化したら……。税理士の村越雅規先生は、こんな極端な事例に出会ったことがあるそうです。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら