「この子にはビタ一文やりたくない!」。その気持ちは、相続にどこまで反映できるのか ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「この子にはビタ一文やりたくない!」。その気持ちは、相続にどこまで反映できるのか

「この子にはビタ一文やりたくない!」。その気持ちは、相続にどこまで反映できるのか
vol.014img
被相続人は、遺言書で遺産の分割について、自らの意思を示すことができます。では、「遺産は、全部この子にあげたい」「あの人だけには、1銭たりとも渡したくない」といった気持ちは、実際どこまで「実現」できるものなのでしょうか? 税理士の遠山順子先生に聞きました。
相続人から「廃除」はできるが……

親から見て、子どもたちがみな平等にかわいい、とは限りません。稀にですが、「先生、あの子だけには、財産をビタ一文やりたくないんです。遺言で、相続人から外すことはできませんか?」といった相談を受けることがあります。

どんなに悪いことをしたのだろう、と思って理由を尋ねると、「病気の父親の見舞いに来なかった」「葬式に、香典ももってこなかった」「あの子は結婚してから、変わってしまった」……。第3者からみると、「どうして、そんな理由で相続人から外したいとまで考えるのか」と不思議になるのですが、その心の奥底まで探ることはできません。

民法には、「相続人廃除」の規定があります。家庭裁判所に調停を申し立て、相続人の遺留分を含めた相続権を剥奪する制度なのですが、当然のことながら、認められるためには、それなりの要件が必要になります。法では、相続人が被相続人を虐待したり、重大な侮辱を与えたり、その他の著しい非行があったりした場合――などと定められており、先ほどのようなケースでは、もちろん廃除はできません。

「再婚した夫を相続人から廃除して、前夫との間の子どもにすべてを渡したい」という内容の遺書を残して、亡くなった女性がいました。彼女には多額の資産があり、夫はかなり年下の男性、という夫婦でしたが、遺書には夫が暴力を振るったことや、実質的に婚姻関係が成り立っていなかったことなどが、綴られていました。

これらは「相続人の著しい非行」に当たりますから、裁判所がその事実を認めれば、相続人廃除が可能。しかし、現実には認められませんでした。家裁の審議は慎重で、実際に廃除を勝ち取るのは、かなりハードルが高いようです。
遺留分を減らすことはできる

完全に排除はできなくても、「あげたくない人」の取り分をできるだけ減らす方法が、ないわけではありません。養子縁組をすることによって、相続人の数を増やし、遺留分を少なくするのです。

遺留分とは、「被相続人のきょうだいを除く法定相続人に認められた、最低限相続できる財産」のことです。相続人が被相続人の直系尊属(親)の場合は法定相続分の3分の1、その他の場合は2分の1、と法に定められています。子どもが複数いる場合は、そのぶんを頭割りすることになります。

例えば、母親と、その面倒をよくみた長男Aに、放蕩の限りを尽くした次男Bの家族。どんなに遺産を渡したくないと思っていても、母が亡くなったら、Bにも4分の1(法定相続分2分の1÷2人)の遺留分が認められてしまいます。しかし、仮に長男の嫁と、その子どもを1人、養子にしたらどうでしょう? 相続人は4人に増えますから、Bの遺留分は8分の1(2分の1÷4人)になるのです。

しかるべき資産がある場合、この方法による「減額効果」は効くでしょう。ただし、伝家の宝刀を抜く前に、熟考を。遺産を減らされた方から見れば、これはあからさまな「宣戦布告」です。親子、兄弟関係は修復不能になる公算大だと思います。
カテゴリ:遺産分割
関連記事
姪っ子夫婦との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(1)
使えれば、相続時の宅地の評価額を大幅に減額することが可能な、「小規模宅地の特例」。しかし、前回も指摘されたように、その要件は複雑で、税理士でも適用には二の足を踏むことが少なくないようです。ただ、この分野に詳しい税理士の高橋安志先生は、「一見無理そうでも、小規模宅地の特例が使えることが、けっこうある」と言います。今回からは、実際に担当された事例をもとに、お話しいただくことにします。
「遺言書があれば、相続は万全だ」は本当か?
「遺産分割のやり方が遺言書に書かれていれば、子どもたちは揉めない。だから生前にしっかり書いておきましょう」。相続の「教科書」には、そう記されています。でも、それが当てはまるのは、遺言書の中身が相続人たちの納得できるものだった場合だという事実も、心に刻んでおく必要がありそうです。税理士法人みらい経営の神緒美樹先生は、こんなお話をしてくださいました。
持株会社の設立も、事業継承に有効だ ~賢い事業承継を考える④~
事業継承の際の、後継者へのスムーズな自社株の譲渡のために、持株会社を設立するケースも増えてきています。確かに、株価を抑え、後継者に「渡しやすくする」のに有効な、この方法。ただし、その効果をより大きくするためには、注意すべき点もあるようです。公認会計士・税理士の田上敏明先生に、事例も踏まえて解説していただきます。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら