遺言を何度も書き換える。その気持ちは分かるのだけど…… ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 遺言を何度も書き換える。その気持ちは分かるのだけど……

遺言を何度も書き換える。その気持ちは分かるのだけど……
vol.016img
遺される家族や世話になった人などに向けた気持ちを、自らの財産分与という形で示す遺言書。でも、「気持ち」は移ろいやすいもの。中には、何度も書き換える人がいます。もちろん、何十回書き換えようと、それはその人の自由。ただし、そこにはいろんなリスクも存在することを知ってほしい、と税理士の遠山順子先生は言います。
「安易な」理由で遺言を書き換える人たち

「先生、父が『毎年、遺言を書き換える』と宣言しているんですよ」。相続税対策で相談にいらっしゃった方の中に、そんな人がいました。どうやら、「これからの自分に対する接し方によって、遺産の分け前を変えるぞ」と、子どもたちを“牽制”しているようなのです。遺産を「人質」に取って、子どもの気持ちをつなぎとめようとは、考えたものです。

これは極端な例かもしれませんが、いったんしたためた遺言書を書き換える人は、少なくありません。相続税に関する税制改正があったり、資産内容や相続人そのものに変化が生じたり、といった場合には、書き換えが必要でしょう。事業を継がせようと思っていた長男が家を出て行ったとか、献身的に介護をしてくれる嫁にあげたくなったとかいうのも、理由としては納得がいきます。

ところが、実際には「え、そんなことで!?」という「リライト」が、けっこう多いんですよ。私は、「娘が、死んだ夫の墓参りに行ってきたって言うんです」という程度の理由で、公正証書遺言(遺言の種類などについては、次回に述べます)を作りに、3回も公証人役場に付き合わされたことがあります。「病気になったら次女が優しくしてくれたので、遺産をもっと増やしたい」「冷たくなった長男にはあげたくない」……。この手の話は、決して珍しくないのです。

もちろん、遺言を何度書き直そうが、それは被相続人の自由であり権利です。でも、書き換えには、いろんなデメリットやリスクが伴うことも、ぜひ知っておいてください。
それが「争続」を生むこともある

遺言書の書き換えは、やはり自筆証書遺言の場合が多いですね。公正証書遺言書に比べれば「手軽に」作れますから、冒頭のお父さんのように、何らかの理由で何度も書き換えが予想される場合などには、自筆にしておくのがいいかもしれません。

しかし、「手軽さ」は、「ミスをしやすい」ことと、裏腹の関係にあります。何度も書いていれば、例えば必要事項の記載漏れなどによる失効や、紛失の確率も高まるでしょう。被相続人の直近の意志を反映した最新版が無効になって、「まあ、また書き直せばいいや」と安易な気持ちで書いていた以前の遺言書が、「生き返る」かもしれないのです。

一方、公正証書遺言書の場合は、書き直しの度に公証役場に行き、さらにその都度、手数料などの出費を余儀なくされることになります。また、公正証書遺言書の場合は、前の遺言の中身を全面撤回しても、「書き換えを行った」という事実は、文書に残ります。目にした遺族は、例えば「兄に有利に書き換えたんだな」と、心中穏やかではないのでは。

「自筆」にしろ「公正証書」にしろ、書き換えの事実が明らかになれば、「あの人が、自分に有利になるように、無理やり遺言を書き直させたのではないか」という疑惑が、相続人の間に持ち上がるかもしれません。遺言の書き換えという、普通に考えれば「不自然な」行動は、遺産争いのタネになる危険性が、大いにあるわけです。

どうでしょう? あなただったら、そうしたリスクを冒しても、あえて遺言書を書き換えますか? 自らの意思を示すために遺言書を残すべき、というのが私の基本的な考えです。同時に、そもそも遺言書というものは、本来自らの意思が固まってから書くものだ、ということも、しっかり胸に刻んでほしいのです。遺言って、人生で最後にしたためるものでしょう。作成には、それなりの覚悟も持って臨んでもらいたいですね。
カテゴリ:遺言
関連記事
タワーマンション固定資産税見直しの意味するもの~その2~
2017年税制改正大綱に盛り込まれた、タワーマンションの固定資産税の見直し。階数が高くなるにつれ税率が上がる形への改正ですが、実際には相続税の節税効果が大きく失われることはないというのが、前回のお話でした。ただし、「だからといって、深く考えずに『タワマン節税』に走るのは問題です」とランドマーク税理士法人の清田幸弘先生は、警鐘を鳴らします。
「争続」の裏に潜む、きょうだいの「感情のもつれ」
表面上、仲の良かったきょうだいが、親の相続に直面したとたんに、骨肉の争いを始めるのは、もはやテレビドラマの中だけの話ではありません。もちろん、具体的に争うのは、遺産の「取り分」。でも、その背景には必ずと言っていいほど、複雑な「感情」が介在しているそう。税理士の海老原 玲子先生も、そんなたくさんの人たちを目にしてきました。
「こんな遺言書があったばかりに……」という相続もある
「相続で争いを起こさないためには、被相続人が遺産をどのように分けるのか、遺言書を書いて、しっかり意志を示すこと」。これは相続の鉄則です。しかし、「遺言書を残したから、揉め事は起こらない」かというと、そんな保証はないのも相続なのです。反対に、その中身が一部の相続人の怒りに火をつけて、とんだ争いに発展することも。公認会計士・税理士の古川勉先生に聞きました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら