遺産分割で、「介護の苦労」はどこまで認められる? ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 遺産分割で、「介護の苦労」はどこまで認められる?

遺産分割で、「介護の苦労」はどこまで認められる?
vol.020img
しばしば「争続」となってしまう、遺産相続。高齢化が進むなかで、トラブルの原因として増加しているのが、「介護」です。きょうだいのうちの1人が、大変な思いをしつつ、自分だけで面倒をみてきたおじいちゃんが亡くなった。相応の遺産がもらえるのではないか、と考えるのが人情ですが、実際にはどうなのでしょうか? 税理士の海老原 玲子先生に聞きました。
「普通の介護」は、評価されない!?

のっけから個人的なことで恐縮ですが、私は長年、夫の両親の介護をしていました。だから、それが心身ともにいかに大変なことなのか、身に染みて分かります。では、そうした苦労は、介護した人が亡くなって発生した遺産相続の時、多少なりとも認めてもらえる(苦労した分、たくさんの遺産がもらえる)のでしょうか?

実は、相続人による遺産分割協議において、こうした介護をめぐる争いが、このところ急増しているのです。身を粉にして、親の食事の準備をし、おむつを替えた長女。なんだかんだ言いながら、親のところにめったに顔さえ出さなかった、他のきょうだい。相続では、長女が優遇されてしかるべき、と第三者的には思えるのですが……。

結論を言いましょう。「介護した人間に厚くする」旨の被相続人の遺言がなかったとしたら、きょうだい間の協議が不調に終わって、裁判になったとしても、介護の貢献は金額的にはほとんど認められないのが現状です。仮に、介護のために自分の貯金を持ち出していたら、その分はもらえます。また、例えば、ヘルパーの資格を持っていて、「特別な貢献」を行っていれば、多少、評価される可能性はあります。ただし、その場合も、そうした事実の証明が必要。残念ながら、日常の世話をした、施設への送り迎えをした、といった程度の「普通の介護」では、相続において評価されることはないんですね。

理不尽にも思えますけど、法律的には、そうなっている。ちなみに、私のように、夫の妻が面倒をみたケースでは、そもそも妻は法定相続人ではありませんから、遺言がなければ、遺産分割を主張する権利自体がないのです。
感謝の気持ちがあれば、遺言に残すべし

それにしても、「何もしなかったきょうだい」は、どうして一生懸命介護をした人間の貢献を認めようとしないのでしょうか? 私の経験から言わせていただけば、背景にあるのは、「1円でも多く欲しい」という欲というよりは、「感情のもつれ」である場合がほとんど。きょうだい間にしこりがあって、親の面倒をみようが何だろうが、とにかく「あの人が遺産を多く取るのは、許せない」というわけです。

そもそも、1人に介護の苦労が集中しているというのは、きょうだい間があまりうまくいっていない証拠。もし良好ならば、例えば、実際の介護は同居の長男夫婦に任せても、他の人は経済的にそれを支える、といった役割分担もできるはずなのです。

彼らが持ち出す「論理」はほぼ共通していて、「同居しているのをいいことに、親の財産をせしめているんじゃないか」という類のお話です。実際に、そうした例も少なくはないので、「何もしなかったきょうだい」の言い分が、すべて間違っている、とは言いません。けれども、「これでは親身になって介護した人がかわいそう」という事例が、枚挙にいとまがないのは事実。

そうならないために第一に大事なことは、介護を受けている方が、しっかりと遺言を書いておくことです。感謝の気持ちがあるのならば、必ずそのことを遺言書にしたためるべきでしょう。さきほども述べたように、特に介護したのが長男の妻、というような場合には、遺言がなければ、どんなに感謝していても、彼女には1銭の遺産も渡らない可能性が高いのです。親がそうした遺言を残すことは、他のきょうだいたちの介護に対する理解を広げるためにも、大事なことだと思いますよ。
カテゴリ:遺産分割
関連記事
自筆の遺言書を、勝手に開封したら……
遺産相続についての被相続人の意志を明確に示すとともに、相続人同士の争いを防ぐために、遺言書を残すことの重要性が、徐々に浸透してきました。ただ、専門家からみると「まさか」と思える遺言書に関する勘違いは、まだまだ少なくないようです。税理士の海老原 玲子先生に聞きました。
相続税、現金で払えなければ「物納」できる~その1~
相続したのが、不動産や債券ばかりで現金は僅か。それらを売ってお金を作ろうにも、相続税の納税期限(※)まで時間がない――。そんなやむをえない場合には、現金ではなく「もの」で税金を納める「物納」が認められています。その要件はどんなものなのか、税理士法人みらい経営の神緒美樹先生にうかがいました。
「まずビジネスありき」の誘いには、注意が必要
相続は、不動産業、建設業などの業界にとっても、ビジネスチャンス。どこで知ったのか、「不動産の売却は、当社にお任せください」なんていう電話がかかってきたりもします。それが、ハッピーな相続につながればいいのですが、場合によっては、話に乗ったために、相続人同士の争いに発展するようなこともあるようです。税理士の仁科忠二郎先生に聞きました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら