なだめたり、時にはあおったり。遺産分割協議のテクニック ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > なだめたり、時にはあおったり。遺産分割協議のテクニック

なだめたり、時にはあおったり。遺産分割協議のテクニック
vol.039img
「うちは揉めない」と思っていても、いつの間にか争いになるのが、遺産相続。税理士の平井良先生も、そんな数多くの遺産分割協議の現場に立ち会ってきました。争いの様相は家族によってそれぞれながら、そこには「必ず揉める要因」も、経験で体得した「鎮めるためのテクニック」もある、と話します
遺産分割協議をやらない税理士が多いけれど……

税理士にも、いろんなタイプの方がいます。もちろん、得意・不得意もあって、「相続税のことなら任せておけ」という先生もいれば、そうでない人もいます。相続税に詳しくても、遺産分割協議にはノータッチ、という先生もたくさんいます。「財産のリストアップをお手伝いしますから、分割協議はそちらで。まとまりましたら、税金のことは、こちらでよしなに処理いたします」というスタンスですね。

遺産分割協議は相続人同士でするものですが、実際に話をまとめるためには、税金のことまで熟知している税理士が話し合いに参加し、リードするのがベストだ、というのが私の考えです。議論がもつれかかっている場合はなおさら。私が税理士のほかに行政書士の資格を持っているのには、そういう意味合いもあるんですよ。

前回も述べましたけど、相続税の申告には、「被相続人が亡くなった翌日から10ヵ月以内」という期限があり、それを過ぎると、税金を軽減するための特例措置なども使えません。相続人全員が、損してしまう。そうならないように、みんなにとってプラスになるように分割するには、どうしたらいいのか。それを考え、まとめていくのも、我々税理士の務めだと思うのです。
「セコンド」が、争いの火に油を注ぐ

まとめるためには、燃え上がったものを、冷ます必要があります。例えば、「このまま申告期限を過ぎるとどうなるか」を、冷静に考えてもらうわけですね。

中には、協議の場に出てくるのを渋ったり、初めから代理人(弁護士)任せにしようとしたりする相続人の方もいます。そんな時には、「お兄さんが遺産のすべてを欲しがっていますよ」などと、あえて“あおる”こともします。「じゃあ、こちらで全部決めていいですね」と多少強く言ったりもする。そうすると、まず間違いなく本人が出てきてくださいます。最初は多少ギクシャクしようが、まずはご本人に話し合いの場に出てきてもらうことが大事。そのために、いろんな手を使うわけです。

さて、相続において揉める要因は、家族ごとに様々なのですが、共通して話をややこしくする人がいます。「次男の嫁」とか「長女の旦那」とかの、いわば「セコンド」です。中には、「相続に詳しい知人」なんていう人間を連れてくる相続人もいたりします。

こういう人たちは、間違いなく争いを増幅させますから、私は絶対に協議の場には同席させません。当然のように話し合いに加われると思ってきた彼や彼女は、例外なく反発します。しかし、「あなたは相続人ではないでしょう」「ここで私と押し問答していると、旦那さんの立場が悪くなりませんか」と、そこはぴしゃりと言うのです。関係者に対してもそうですが、厳しく言う時は言う。それも協議をまとめる大事なテクニックですね。

私の経験上の話をさせてもらえば、血のつながった相続人などの関係者は、初めはカッカしていても10ヵ月間怒ってはいられない。たいてい、どこかで“鎮火”します。そうならないのは、本当に争いの根が深い場合で、これはもう弁護士さんにお任せするしかありません。でも、代理人同士の話になってしまうと、ますます揉めて時間がかかったうえに、結局、意に沿わない中身で妥協せざるを得なくなることが少なくありません。

だから、遺産分割協議は、なんとか当事者同士で結論を出すべき。繰り返しになりますが、本格的な「争続」を未然に防ぐのが、我々の仕事です。税理士事務所は、相続に不安を覚える人たちの、最初の相談窓口であるべきだと、私は考えています。

関連記事
例えば、不動産が絡む相続だったら、不動産に強い税理士に頼む。それが鉄則
弁護士にも、離婚問題や相続などの案件に取り組む“マチ弁”もいれば、労働争議に強い人、あるいは企業法務のエキスパートなど、いろんな専門家がいます。税理士も同じで、相続に詳しい先生もいれば、そうでない人もいる。その選択を間違えると、思わぬ不利益を被る可能性を否定できないのが、現実のようです。久野豊美先生は、不動産を例に語ります。
空き家の相続に朗報か。売ったら税金が安くなる
人が居住しないまま放置される空き家が社会問題化しています。親が亡くなったけれど、子どもはすでに自分の家を持っていて、実家に戻るつもりはない。そんな経緯で発生する空き家も、多くあります。そうした現状を踏まえて、今年4月から、相続した空き家を売却した場合、譲渡所得から3000万円を控除できる特例が施行されました。ただし、「どんな空き家でもOK」ではないようです。税理士法人斎藤会計事務所の斎藤英一先生にうかがいました。
遺言書で“遺志”を。でも「遺留分」には配慮してほしい
遺言書には、遺産分割の中身について、自分の意志を自由に表明することができます。中には、「遺産をビタ一文あげたくない相続人」がいる場合もあるでしょう。そんな人間には、「ゼロ回答」で応えたくなる気持ちは分かります。でも、法には、相続人なら最低限受け取れる、「遺留分」の規定があります。「遺言書でも、その部分は考慮してほしいですね」と、税理士の高橋正光先生は言います。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら