相続にも「設計図」が必要です ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 相続にも「設計図」が必要です

相続にも「設計図」が必要です
vol.045img
普通に仲の良かった兄弟が、親の遺産相続を機に仲違いしてしまう――。残念ながら、それが例外でも他人ごとでもないのが、今の日本の相続をめぐる実情です。なぜ、そんなことが多発するのでしょう? 税理士の小林清先生は、「親が生前にきちんとした『設計図』を描かずに、突然相続になるのが、大きな理由の一つ」だと指摘します。
兄弟には、それぞれの生活がある

親の相続を迎える世代の子どもなら、それぞれが家庭を築くなりして、別々の環境で暮らしているのが普通です。みんな異なる「家庭の事情」(例えば、息子が大学受験を控えているとか、義理の親の面倒をみているとか)があり、別々の配偶者がいる、というわけです。

いざ相続になり、親の財産がもらえるとなった瞬間、そうした「事情」が顔を覗かせ、お互いに利害関係が生まれるんですね。なんとかそれが対立に発展しないよう、収められればいいのですが、往々にして、「あんなに仲の良かったきょうだいが……」という事態になってしまう。幼い時分の兄弟喧嘩なら笑って済ませられますが、大人になってからのそれは悲惨です。一生、修復不能になってしまうことも、珍しくありません。

そんなふうに揉める大きな原因の一つは、相続させる側に「心の準備」がないことではないか、と私は思います。家を建てる時には、「こんな建物にしたい」という思いを、必ず設計図にしますよね。相続においても、「財産はこう分けるよ」という親の考えを、しっかり形にし、伝えておくべきなのに、多くの場合、それができていないのです。逆に言えば、親が自分の考えをきちんと理解させていたら、多少生活が苦しくても、それを曲げてまで遺産の「増額」を要求する可能性は、ずいぶん低くなるのではないでしょうか。

元気なうちに、「言葉」で伝える

「相続についての親の考えを形にする」と聞くと、遺言書のことが頭に浮かぶでしょう。もちろん、円滑な相続を進めるうえで、遺言書は意味を持ちます。でも、それ以上に大事なのは、子ども達全員にちゃんと言葉で伝えることだ、と私は思います。

「後を継いでもらうから、家は長男に渡す」「お母さんの老後が心配だから、現金はこれだけ残すよ」――。こうした「設計図」が明らかにされれば、仲のいい兄弟だったら、たいていは納得し、それに従うのではないでしょうか。

この場合のポイントは、「元気なうちに話をする」ということです。病弱になってから遺言書を書いたりすると、相続になってそれを目にした兄弟のなかで、「同居している兄さんが書かせたんじゃないか」などと、互いに疑いの目を向けるような争いになりかねないからです。

ただし、そう理屈通りにはいきにくい現実もあります。遺産分割のことを具体的に考えたり、ましてや遺言書を書こうという気持ちになったりするのは、「心身の衰えを自覚したから」、というのが実際のところだと思います。元気な時に「兄弟で平等に分けろ」と話したものの、いざ体が動きにくくなったら、世話をしてくれる次男夫婦に手厚くしてあげたくなった、あるいは、そうしないと面倒をみてもらえないかもしれないから……と気が変わるのも、十分考えられること。

そうした「変心」を、いいとか悪いとか、一概に言えないところが難しいですね。ただ、そこで今度は相続人の方に考えてもらいたいのは、心身が弱った結果、「親が心変わりすることもあり得る」、くらいの度量を持ってもらいたい、ということなのです。平たく言えば、相続人は、親の遺産を「もらう」立場。相続においては、まず「あげる」人間の気持ちが最優先されるべきだ、と私は思うのです。

カテゴリ:遺産分割 遺言
関連記事
死んだ父の遺言書に、家族仰天の内容が!
「まさか、あの父がこんな遺言書を残すなんて」。このサプライズも、相続では珍しくないようです。生前の親子関係が如実に反映した結果でもあるのですが、それが元になって「争続」の発生することもしばしば。税理士の浅野和治先生も、こんな事例に遭遇した経験があるといいます。
遺産相続にも地域差がある!?
狭い日本とはいえ、それぞれの地域によって様々な歴史や文化があり、産業構造も異なります。そうしたものを反映して、例えば同じ婚礼でも、豪華絢爛な祝い事を営む地方と、そうでないところが存在するのは、ご存知の通り。では、人生の最後の時に発生する相続にも、地域差はあるのでしょうか? 税理士法人経世会の筒井亮次先生の答えは、「YES」です。
遺産分割に活用できる~相続と生命保険④~
相続財産といえるものは、ほとんど自宅しかないのに、複数の相続人がいる――。これも、悩ましい相続の典型です。自宅は分けられない、でも何も取り分のない相続人は納得できない、という八方ふさがりになるのは、避けたいもの。そんなケースで有効な手立てとなるのが、実は生命保険です。税理士の新村貢一先生に聞きました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら