相続税対策は、やれば必ず結果が出る ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 相続税対策は、やれば必ず結果が出る

相続税対策は、やれば必ず結果が出る
vol.051img
「基礎控除額」の引き下げにより、今年から納税対象者の増加が見込まれる、相続税。「対策本」も百花繚乱です。でも、ページをめくっても「小規模宅地の特例」だの「広大地」だのと、耳慣れない言葉のオンパレード。報酬を払って税理士さんに頼んだとして、本当に「節税効果」は見込めるのでしょうか? 「他の税金の節税策に比べても、プラン通りに行くのが、相続税対策。決め手の一つは経験です」と、税理士の小林清先生は言います。
相続税の試算は狂わない

私たち税理士が、お客さんから相続税の相談を受けると、状況をお話していただいたうえで、「提案書」を作成します。不動産が多いだとか、やや複雑な相続になると、その中身は、担当した税理士によって大きく違ってきます。クライアントにとってどれだけ意味のある提案になるかは、はっきり言って腕次第、と言っていいでしょう。

私も、様々な法律などを検討し、必要に応じて勉強もしながら、いろんな選択肢のある中で最も優れた結論が出せるよう、心がけてきたつもりです。若い頃は「本当にこれでいいのだろうか」と、恐る恐るのところもあったのですが、仕事を続けるうちに気のついたことがありました。

それは、この提案書がしっかり作られていると、相続税対策はだいたい計画通りに行く、税金はおおむね試算した通りに収まる、という事実でした。例えば法人税だと、その節税に向けて決算対策をしようとしても、想定を超えて売り上げが変動したりすれば、大きな狂いが避けられません。相続税に関しては、そうした変動要因が比較的少ないんですね。

「実証」経験を生かして、先を見極める

何ヵ所かに不動産を持っていて、それらは息子に継がせたい。現金があまりないから、一部は相続税納税のために売ってもいい――という方がいました。ならばと、駐車場にしていた土地を「売却用」に決め、そこには建物を建てたりせずにしておくことを前提に、相続対策を設計したのですが、実際に相続が起きたのは20年ほど経ってから。ところが、税金は予定通り、駐車場の売却額は計画をやや上回る、という完璧な相続になりました。

もちろん、相続対策を始めてから税法が変わる、といったことは起こり得ます。不動産価格なども、ある程度の変動は避けられないでしょう。ただ、それらには、時折計画を見直して、必要に応じて対策を追加することなどで、十分対応可能なのです。この方の場合も、適宜シミュレーションを行い、着地点を確認しながらことを進めました。それができるのも、初めにしっかりした方向性を定めたからこそなのです。

相続対策は、「将来」について、一つの結論を出すことですよね。普通、先のことなんて分からない。でも、私には、かれこれ35年ほどになる実務経験の中で、数多くの相続の「実証」を重ねてきた経験があります。だから間違いのない「終着駅」が見える……というと預言者のようですが(笑)、ちゃんと準備さえすれば、「予定通りに行った」という相続は可能なのだ、ということを強調しておきたいと思います。

もちろん、私以外にもそれが可能な経験を持った税理士が、たくさんいます。相談料は、基本的に初回は無料の場合が多いですから、気軽に相談してみてください。

カテゴリ:生前贈与
関連記事
頼んだ税理士によって、相続税の金額に差が!?
相続税の申告を、素人がやるのは「危険」。ならば、当然、専門家である税理士にお願いしよう、ということになるでしょう。ただし、税理士であれば誰でもいいかというと、話は、そう単純ではないようです。税理士さんにも、「得意分野」がある。「頼むなら、相続に強い専門家を選んでほしい」と税理士の山下桂先生は言います。
「自筆」の遺言書、書く人はラクだけど……
遺産の分配についての、遺言者の意思を書き残す遺言書。その重要性についての認識は、ずいぶん高まってきたようです。でも、実際にどんな形で残したらいいのか、となると、戸惑う人がほとんどではないでしょうか。いや、自分で書けばいいんだろう。いざとなったら、本の説明を参考に、作ってみるよ――。確かに、そう考えると気軽な感じもするのですが、税理士の村越雅規先生は、「残された相続人の“大変さ”を考えても、お勧めできません」と言います。
税理士の立場で考える、セカンド・オピニオン
相続財産の評価は適切なのか? 相続税はもっと安くならないの? そんな気持ちから、相続に際して、税金の申告書を作成したのとは、別の税理士さんに意見を求める人がいます。税理士の浅野和治先生は、そうしたセカンド・オピニオンを推奨する1人。ただし、やり方にはちょっとしたコツもあるようです。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら