「うちは揉めないから大丈夫」が危ない ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「うちは揉めないから大丈夫」が危ない

「うちは揉めないから大丈夫」が危ない
vol.056img
遺産相続についての被相続人の意志を示し、相続人たちが争いを起こしたりしないようにするために、ぜひ遺言書を書きましょう――。相続についての書物や記事は、例外なくそう勧めます。でも、実際に遺言書を残す人は、まだ少数派なのが現実。「子どもはみんな仲がいいし、うちに限って相続で揉めるなんてことはありえない」と考える人も多いようです。その通りだったら問題はないのですが、往々にして、親の思惑を超えた事態の起こるのが相続。税理士の高橋正光先生に聞きました。
長男が「家督」を継いで当然、だったはずが……

「先祖代々、相続なんかで揉めたことはない」と豪語していた男性がいました。奥さんは、すでに亡くなっていて、子どもは、同居する長男と、自営業の次男、お嫁に行った娘の3人。自ら事業を営む傍ら、いくつか不動産賃貸物件も持っていて、現預金を合わせた財産は2億円程度ありました。でも、80歳を超えるご高齢になられたので、「そろそろ遺言書の作成を考えませんか?」とお話ししたところ、「そんなものは、必要ない」とおっしゃったのです。

財産は、すべて事業を継ぐ長男に譲る、というのが、お父さんの考えでした。「うちは、代々そうしてきたんだ」というわけです。聞けば、次男には家の購入資金を援助しており、娘さんの嫁ぎ先はお金持ち。「子どもたちは仲が悪くないし、ずっと『財産は長男に継がせる』と教育してきた。わざわざ遺言書をしたためるまでもない」ということだったのですが……。お父さんが他界し、相続になるや、すぐに揉め事になってしまったんですよ。

「発火点」は、次男の方でした。実は、事業がうまくいっていなかった。相続になったのは、少しでも多くお金を必要とするタイミングだったんですね。彼は、当然の権利として、法定相続分である「遺産の3分の1」を要求したのです。

しかし、長男にとっては、寝耳に水の事態でした。「『財産はすべて長男が譲り受け、守っていけ』という親父の話に、納得していたはずだ」と反発。「事業を継げば、同時にリスクや責任も背負い込むことになるんだ」というのも、遺産を「平等」に分けることに納得のいかない理由でした。

そうやって遺産分割協議がこじれると、最初は「長男に従う」姿勢を見せていた娘さんの態度にも、だんだん変化が表れ始めました。「考えてみれば、私にももらえる権利がある」という姿勢で、協議に臨むようになったのです。結局、「先祖代々、揉めたことがない」この家の相続は、裁判という「争続」に発展し、2年以上経った今も係争中です。

「遺言書を書かないリスク」もある

この場合、仮に次男の事業が順風満帆だったら、こんなことにはならなかったかもしれない。それくらい、被相続人が想定しえないような「相続人の事情」が、遺産分割協議の様相を大きく変えてしまうこともあるんですね。そうしたことも、これから相続を控える方々には、十分認識してほしいと思うのです。

この場合、お父さんは、やはり遺言書を残すべきでした。内容は、前回もお話しした「遺留分」に留意したものにする必要があります。相続人が、最低限受け取れる遺産が遺留分で、この場合は、法定相続分(3分の1)の半分の、6分の1になります。次男にも娘にも、その遺留分の相当額は相続させる、という遺言書を書いておけば、少なくとも「法定相続分だけほしい」という話で揉めるのは、避けられたはずなんですね。

遺産相続のもつれは、本当に洒落になりません。争いになった結果、父親の1周忌にも、兄弟が集まることはありませんでした。「ちゃんとした遺言書を残さなかった」ツケは、あまりにも大きなものになってしまいました。

関連記事
持株会社の設立も、事業継承に有効だ ~賢い事業承継を考える④~
事業継承の際の、後継者へのスムーズな自社株の譲渡のために、持株会社を設立するケースも増えてきています。確かに、株価を抑え、後継者に「渡しやすくする」のに有効な、この方法。ただし、その効果をより大きくするためには、注意すべき点もあるようです。公認会計士・税理士の田上敏明先生に、事例も踏まえて解説していただきます。
遺言書を書かないデメリット、あなたは理解してますか?~その1~
「正しい遺言書の書き方」。ネットには、そんな記事が並んでいます。しかし、実際にそれを残すのは、まだ少数派。そのために、相続人の間でトラブルが発生したり、被相続人の意思とは異なる相続になってしまったりということも、少なくないようです。税理士法人チェスターの荒巻善宏先生も、「どうして遺言書を書かなかったのか」と悔しい思いをしたことが、過去に何度もあったといいます。
「こんなはずでは!」にならないために~相続対策の不動産②~
現金を不動産に替えておけば、相続税の節税効果は絶大。賃貸経営をやれば、さらに有利になります――。相続対策として、常識のように語られる「不動産活用」ですが、どんな場合でもうまくいくというわけではないようです。いざ始めてみたら、「こんなはずではなかったのに」という現実も。東京中央税理士法人の田上敏明先生のもとには、そんな人からの相談が増えているそうです。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら