親という“つっかえ棒”がなくなる二次相続 ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

遺産相続 「先生 教えて !」 ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 親という“つっかえ棒”がなくなる二次相続

親という“つっかえ棒”がなくなる二次相続
vol.092img
一次相続は、二次相続のことまで考えてプランを建てましょう――。これも、相続のアドバイスでよく言われることです。たとえ一次相続で相続税を抑えられても、「二次」でドカンと取られたら、元も子もありません。ただ、頭では理解しているつもりでも、二次相続には、なってみないと分からない“事情”もあるようです。税理士の稲葉豊先生に聞きました。
「一次」と「二次」の決定的な違い

子どもにとって相続は、普通2回やってきます。まず、親の片方が亡くなり、そののち残った方も他界する。前者が一次相続、後者が二次相続ですね。特に財産規模が大きい場合、本気で相続対策を練るのなら、一次相続の時に、二次相続のことまで考える必要がある、とよく言われます。

一番「引っかかりやすい」のが、配偶者控除です。一次相続の時、配偶者が相続する財産は、1億6000万円まで非課税。それを越えても、法定相続分である「遺産総額の2分の1」までは、相続税がかからないのです。ただし、これ幸いと非課税枠を使い、お母さんがたくさん相続していると、彼女が亡くなってその財産を子どもが相続する時に、思わぬ高額の相続税が課せられてびっくり。一次相続でもう少し子どもに渡してもらっていたほうが、結局は得だった――ということもありうるのです。

さて、以上は、あくまでもテクニカルなお話。ところが、実際の相続では「理屈通り」に事が運ばないことが、多々あります。二次相続において、その大きな原因になるは、一次相続の時との決定的な環境変化だと私は思っています。なんだか分かりますか?「親がいるかいないか」の違いなんですよ。親の側で、このファクターに気づいていないケースが、意外に多いように感じるのです。

父親が亡くなり、相続人は母親と息子、お嫁に行った娘が二人、という相続がありました。相続財産は、優に億の単位。ところが、遺産のほとんどを母と息子が相続し、娘二人は数百万円程度しかもらえない、という中身で、遺産分割協議はまとまりました。父親の遺言書があったわけでもなく、協議を仕切ったのはお母さんでした。

親の気持ちをしっかり伝える

母親が、特に娘たちを嫌っていたわけではないようです。なのに、どうしてこんなに偏った相続になったのか、そして、娘がなぜこの内容を受け入れたのか、知る由もなかったのですが、「これでいい」と言われれば、それ以上突っ込むことはできません。

あくまでも推測ですが、何らかの理由でお金が必要だった息子に多く渡すために、お母さんが娘たちを説得したのではないでしょうか。「私の相続の時には、あなたたちにあげるから」というような話をしたのかもしれません。いずれにせよ、もらう権利があるとはいっても、遺産はあくまでも親の財産です。親の前で「もっと欲しい」とは言いにくいものなんですよ。なんだかんだ言っても、親の影響力は強い。

裏を返せば、二次相続では、その影響力を行使したくてもできない、ということです。自分が死んだ時には、“つっかえ棒”なしに、子どもたちだけで分割協議をすることになるわけですね。現実には、「父親の相続はすんなり行ったのに、母親の時には揉めに揉める」という例が、とても多いのです。

そうしたことを頭に入れて、親が最低限やるべきなのは、とにかく自分の意志を子どもにはっきり示すこと。このお母さんも、「二次相続では、自分の遺産はこう分ける」ということをちゃんと遺言書に書き、話もしておくべきでしょう。「お父さんの時に言うことを聞いてくれたんだから……」という「油断」は、争いのもとだと認識してほしいのです。

付け加えると、まだ実際に遺言書を書く人がそう多くない中で、特に女性は少ないんですよ。でも、「揉める二次相続」の当事者になる確率は、女性のほうが圧倒的に高いわけでしょう。「子どもに、自分の気持ちをしっかり伝える」心づもりを、ぜひ持ってもらいたいと感じます。

関連記事
税理士には「恥ずかしいこと」から話してください
税制改正により、今年1月から納税対象者が、ぐっと増えた相続税。「節税」をはじめとする相続対策のために、税理士などに依頼するケースも増えそうです。当然のことながら、財産などの情報は、包み隠さず専門家に開示するのが前提。「他人には言いたくないことも話してほしい」「素人判断は慎むべし」と、税理士の平井良先生は言います。
「都心に家」で、あなたにも相続税が!?
来年1月から、相続税が「増税」になる――。このサイトを覗かれた方なら、そのこと自体はご存知かもしれません。ただ、「課税対象者は“100人に4人”が“100人に6人”に増えるだけ」と聞けば、「なんだ、“中流家庭”のウチには関係ないだろう」という気になるし、「いや、課税対象かどうかのボーダーラインが、4割も引き下げられるみたいだぞ」と言われると、とたんに不安になってくる。いったい、制度が変わるインパクトは、どの程度のものなのでしょう?税理士・公認会計士の鴛海量明先生に聞きました。
相続になって初めて気づく「贈与」もある
計画的に行えば、親から子などへのスムーズな財産の移動が行えて、相続税の軽減にも有効な生前贈与。しかし、やり方を間違えると、相続の時、思わぬ事態を招くこともあります。特に、不動産売買などの大きな買い物が絡む場合には、注意が必要。税理士の土田義二先生は、こんな事例を紹介してくださいました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら