親という“つっかえ棒”がなくなる二次相続 ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 親という“つっかえ棒”がなくなる二次相続

親という“つっかえ棒”がなくなる二次相続
vol.092img
一次相続は、二次相続のことまで考えてプランを建てましょう――。これも、相続のアドバイスでよく言われることです。たとえ一次相続で相続税を抑えられても、「二次」でドカンと取られたら、元も子もありません。ただ、頭では理解しているつもりでも、二次相続には、なってみないと分からない“事情”もあるようです。税理士の稲葉豊先生に聞きました。
「一次」と「二次」の決定的な違い

子どもにとって相続は、普通2回やってきます。まず、親の片方が亡くなり、そののち残った方も他界する。前者が一次相続、後者が二次相続ですね。特に財産規模が大きい場合、本気で相続対策を練るのなら、一次相続の時に、二次相続のことまで考える必要がある、とよく言われます。

一番「引っかかりやすい」のが、配偶者控除です。一次相続の時、配偶者が相続する財産は、1億6000万円まで非課税。それを越えても、法定相続分である「遺産総額の2分の1」までは、相続税がかからないのです。ただし、これ幸いと非課税枠を使い、お母さんがたくさん相続していると、彼女が亡くなってその財産を子どもが相続する時に、思わぬ高額の相続税が課せられてびっくり。一次相続でもう少し子どもに渡してもらっていたほうが、結局は得だった――ということもありうるのです。

さて、以上は、あくまでもテクニカルなお話。ところが、実際の相続では「理屈通り」に事が運ばないことが、多々あります。二次相続において、その大きな原因になるは、一次相続の時との決定的な環境変化だと私は思っています。なんだか分かりますか?「親がいるかいないか」の違いなんですよ。親の側で、このファクターに気づいていないケースが、意外に多いように感じるのです。

父親が亡くなり、相続人は母親と息子、お嫁に行った娘が二人、という相続がありました。相続財産は、優に億の単位。ところが、遺産のほとんどを母と息子が相続し、娘二人は数百万円程度しかもらえない、という中身で、遺産分割協議はまとまりました。父親の遺言書があったわけでもなく、協議を仕切ったのはお母さんでした。

親の気持ちをしっかり伝える

母親が、特に娘たちを嫌っていたわけではないようです。なのに、どうしてこんなに偏った相続になったのか、そして、娘がなぜこの内容を受け入れたのか、知る由もなかったのですが、「これでいい」と言われれば、それ以上突っ込むことはできません。

あくまでも推測ですが、何らかの理由でお金が必要だった息子に多く渡すために、お母さんが娘たちを説得したのではないでしょうか。「私の相続の時には、あなたたちにあげるから」というような話をしたのかもしれません。いずれにせよ、もらう権利があるとはいっても、遺産はあくまでも親の財産です。親の前で「もっと欲しい」とは言いにくいものなんですよ。なんだかんだ言っても、親の影響力は強い。

裏を返せば、二次相続では、その影響力を行使したくてもできない、ということです。自分が死んだ時には、“つっかえ棒”なしに、子どもたちだけで分割協議をすることになるわけですね。現実には、「父親の相続はすんなり行ったのに、母親の時には揉めに揉める」という例が、とても多いのです。

そうしたことを頭に入れて、親が最低限やるべきなのは、とにかく自分の意志を子どもにはっきり示すこと。このお母さんも、「二次相続では、自分の遺産はこう分ける」ということをちゃんと遺言書に書き、話もしておくべきでしょう。「お父さんの時に言うことを聞いてくれたんだから……」という「油断」は、争いのもとだと認識してほしいのです。

付け加えると、まだ実際に遺言書を書く人がそう多くない中で、特に女性は少ないんですよ。でも、「揉める二次相続」の当事者になる確率は、女性のほうが圧倒的に高いわけでしょう。「子どもに、自分の気持ちをしっかり伝える」心づもりを、ぜひ持ってもらいたいと感じます。

関連記事
話題のエンディングノートは、こう使う
万が一の時に備えて、残される家族に伝えるべきメッセージを記入しておく、エンディングノート。普段は正面切って語りにくい、自分の死後の様々なことがらについて書くことができるため、近年普及してきました。税理士の高橋正光先生も、「積極的に活用してほしい」と唱える1人です。
メリット大、リスクも大の「広大地」~その4~
プロでも適用できるのかどうかに迷う「広大地」。なぜそうなるかといえば、「これが広大地です」という明確な基準がないからでした。この問題の是正に向けて、2017年度税制改正大綱には、「広大地評価方法の見直し」が盛り込まれたそうです。どのように変わるのか、ランドマーク税理士法人の清田幸弘先生に解説していただきます。
どうなる? 配偶者相続分の引き上げ
国による民法の相続分野の見直しが始まっています。法務大臣の諮問機関である法制審議会の部会が、「遺産分割時の配偶者の法定相続分(※1)を、3分の2に引き上げる」ことなどを内容とした中間試案を公表したのが、今年6月。ところが、夏場に実施されたパブリックコメント(意見公募)では、これに対する反対意見が多数を占めました。法改正の行方は流動的といえます。今回は、税理士法人斎藤会計事務所の斎藤英一先生に、あらためてこの問題の論点整理をお願いしました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら