経営者による生保活用術~相続と生命保険⑤~ ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 経営者による生保活用術~相続と生命保険⑤~

経営者による生保活用術~相続と生命保険⑤~
vol.098img
会社経営者にとって、「自らが亡き後、事業がどれだけ円滑に回っていくのか」が重大な関心事であることは、いうまでもありません。相続には、普通の親子などの場合とは違った難しさもあります。さて、そんな「経営者の相続」にも、生命保険が有効に使える場合があります。税理士の新村貢一先生に聞きました。
経営者の会社への貸付がネックに

私は、多くの会社の顧問税理士をしていますが、中小企業の社長さんには、会社に現金や、駐車場のための土地などの不動産を貸し付けている人が、普通にいるんですね。ところが、この貸付が、社長が亡くなって事業承継が行われた後で、問題になることがあるのです。

事業の後継者が、それらのすべてを相続できればいいのです。禍根を残すのは、それができなかった場合。例えば、全部を相続すると他の相続人の遺留分(*)を侵害してしまうため、会社経営に無関係な他の兄弟などの相続人も、父親の会社への貸付金や、貸していた土地などを相続した、といったケースなんですね。

これのどこが問題かというと、相続が終わった後、後継者以外の相続人が、会社に対して「貸している土地の地代の値上げ」、あるいはその「買い取り」、「貸付金の返済」などを要求してくる可能性があることなんですね。そこで話がこじれて、万が一訴訟になったりすれば、安定的な経営に支障をきたすかもしれません。

「そうした事態に備えて、会社にお金を用意しておきましょう」「そのために生命保険が使えますよ」というのが、今回のお話です。

法人税も考慮して、受取額を設定する

保険には、「契約者」=保険を契約し保険料を払う人、「被保険者」=保険の対象者、「受取人」=保険金を受け取る人――がいます。生命保険の場合は、被保険者が亡くなると、受取人が保険金をもらえるわけですね。そのことを踏まえたうえで、会社が「借りている不動産を買い取る」「借金を返済する」場合について、どうすればいいのかを考えてみましょう。

買い取り資金を用意する必要があるのは、会社です。ですから、受取人は会社。かつ契約者も会社で、被保険者は経営者、という生命保険に加入しておけばいいんですね。こうしておけば、経営者であるお父さんが亡くなると同時に、会社にお金が入ります。

では、いくらくらいの保険に入ればいいのか? これは、「『買い取るべき不動産の価格』『返済すべき借金の金額』÷(1-0.32)」が一つの目安になるでしょう。

難しそうな数式ですけど、中身は簡単。「0.32」というのは、「法人税の実効税32%」のことなんですよ。会社が保険金を受け取ると、それには法人税がかかってきます。もし、保険金の受取額を買い取り価格と同額にしておくと、32%は法人税で持っていかれてしまうため、手元には必要額の68%しか残らなくなってしまいます。そうならないために、初めから買い取り価格の147%を受け取れるようにしておきましょう、ということなのです。

せっかく保険料を支払うのならば、後で「しまった」とならないように、賢く、漏れなくプランニングしたいものですね。

*遺留分 民法に定められた、法定相続人が最低限受け取れる財産

関連記事
「こんなはずでは!」にならないために~相続対策の不動産②~
現金を不動産に替えておけば、相続税の節税効果は絶大。賃貸経営をやれば、さらに有利になります――。相続対策として、常識のように語られる「不動産活用」ですが、どんな場合でもうまくいくというわけではないようです。いざ始めてみたら、「こんなはずではなかったのに」という現実も。東京中央税理士法人の田上敏明先生のもとには、そんな人からの相談が増えているそうです。
相続税、現金で払えなければ「物納」できる~その2~
前回、税理士法人みらい経営の神緒美樹先生に、相続税が現金で納付できない場合に認められる「物納」について説明していただきました。「現金一括納付」が原則の相続税ですから、厳格な要件が定められているこの制度ですが、先生は相続の途中で物納に切り替えて、納税者の利益を守った経験があるそうです。今回は、そんな事例をご紹介いただきましょう。
コンサル料が3000万円! それ必要ですか?
例えば事業承継ともなれば、「不動産に自社株に……」と金額的にも大きな“物件”が動きます。それだけに、必要に応じて専門家の力も借りながら、適切な対策を講じるべきなのは、前回も述べた通り。ただ、中にはそうした状況につけこんで、法外な対価を要求するような「ビジネス」もあるから、注意が必要です。東京中央税理士法人の田上敏明先生は、こんな事例を紹介してくださいました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら