「遺産の大半は自宅」の“悲劇” ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「遺産の大半は自宅」の“悲劇”

「遺産の大半は自宅」の“悲劇”
vol.109img
遺産相続でトラブルになりやすい不動産。中でも、「相続人が複数いるのに、めぼしい相続財産は自宅の土地と建物以外にほとんどない」というケースは、よほど事前の準備を入念に行わないと、骨肉の争いになりかねません。税理士の斎藤英一先生はこんな事例を紹介してくれました。
長男と親の同居を喜んだ兄弟

母親と自宅で同居していた長男の方が、相談に来られたことがありました。すでにお父さんは亡くなっていて、その相続の時には、遺産の多くをお母さんが受け継ぎ、長男も若干の現金を相続しました。しかし、残りの兄弟、長女と次男は、あえて何も相続しませんでした。二人がそれで納得したのには、「自分たち夫婦が親の面倒をみるから」という兄の姿勢を「買って」いた、という事情もありました。「兄貴夫婦に任せれば安心だ」と、親との同居を喜んでいたんですね。まあ、普通に仲の良い兄弟です。

ところが、お母さんが亡くなって、二度目の相続ということになり、状況は一変してしまったのです。母親の遺産は、評価額9000万円ほどの自宅の土地と建物(全体の評価1億2000万円×持分4分の3)、それに現金が約2000万円でした。正確に言うと、自宅の評価額9000万円というのは、母親の持分。住宅を建てる時に、長男も資金を出していて、物件は親(最初は父、その後母)と長男の共有名義になっていました。長男の持分は、3000万円ほど(全体の評価1億2000万円×持分4分の1)でした。

さて、「ずっと親と同居していたし、宣言通り面倒もみた。自宅は丸々自分がもらって当然」というのが、ご長男のスタンスでした。ところが、父の時には静観していた長女、次男も、今度は黙ってはいなかった。「兄さんの“総取り”みたいな相続は、おかしい」と主張してきたのです。相続財産に占める自宅のウエートが圧倒的に高いわけですから、仮に現金を1000万円ずつもらっても、ちょっと割に合わないじゃないか、と感じたわけです。

相続で露わになる、子どもたちの本心

加えて、ちょっとややこしい事情もありました。「自宅を受け継ぐのは当然」と考えていた長男は、そのうえに「少しでいいから、現金ももらいたい」という意向を持っていたのです。「家はあくまで“住むところ”で、お金になるわけではない。相続税の支払いもあるし、子どもにお金もかかるし」というわけです。

一方、両親と兄の同居を喜んでいたはずの長女、次男の側は、長男に対するちょっとした不信感も抱いていました。さきほど言いましたように、自宅は親と長男の共有でした。登記上の長男の持分は、4分の1ほどになります。でも、「家を建てる時、そんなに“出資”はしていないはずだ」という話が出てきたのです。お二人は、「同居した時点で、実質的に親の資産の一部を譲り受けているではないか」とおっしゃるのです。お兄さんのほうは「いや、そんなことはない」と、これは水掛け論。

さらに、ご長男の「親の面倒をみた」という言い分にも、二人には異論がありました。お父さんもお母さんも、特に介護を必要とするような状況ではなかったのですね。「むしろ、自分の子どもの世話をしてもらってたんじゃないか」と、「対立」はどんどんエスカレートしてしまいました。

これが相続の怖いところで、仲のよさそうにみえた兄弟が、いざ遺産をどう分けるという話になったとたんに、独自の主張を始めて、いがみ合ってしまうことが、珍しくないのです。とはいえ、なんとか矛を収めてもらうしかありません。私が直接依頼を受けたのは、長男の方でしたが、「さすがに、現金ももらいたいというのでは、妹さんたちも納得しないでしょう」と説得しました。他方残りのお二人には、現実問題として相続できる資産が他にないことを説明して、現金を分けることで納得していただいたのです。

結果的には、長女と次男の大幅な譲歩で、本格的な「争続」にはなりませんでした。でも、やり取りを聞いていると、もうこの兄弟関係は、昔には戻らないな、と感じたものです。“覆水盆に返らず”の危険性を秘めている。それも相続の一面であることを、知っておいてほしいと思います。

カテゴリ:遺産分割
関連記事
経営者による生保活用術~相続と生命保険⑤~
会社経営者にとって、「自らが亡き後、事業がどれだけ円滑に回っていくのか」が重大な関心事であることは、いうまでもありません。相続には、普通の親子などの場合とは違った難しさもあります。さて、そんな「経営者の相続」にも、生命保険が有効に使える場合があります。税理士の新村貢一先生に聞きました。
銀行が「ミスリード」することもある
相続には、被相続人と相続人以外にも、いろんな人や組織が関係することがあります。例えば、相続人の家族、税理士の先生、不動産会社や保険会社、もちろん税務署も。そして、それらの人々が、いつも「正しい」判断をし、アドバイスをくれるとは限らないのも、また事実。前回は、税務当局の「正しくない」行動を紹介しましたが、時には、金融機関が「間違う」こともあるようです。税理士の稲葉豊先生に聞きました。
「書面添付」で税務調査を回避する
相続税の申告が終わってやれやれ。ところが、1年以上経ってから、突然、税務署から「相続税の申告について、おうかがいしたいことが……」と電話がかかってくる。そんな税務調査は、誰しも勘弁願いたいもの。基礎控除額の引き下げで課税対象が広がった結果、あなたの身にも、それが起こるかもしれません。税務調査を、より確実に回避する術はないものか? 税理士の木村智行先生は、「『書面添付』が有効です」と話します。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら