相続問題と相続税問題は、イコールではない ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 相続問題と相続税問題は、イコールではない

相続問題と相続税問題は、イコールではない
vol.114img
「相続争いは、億円単位の遺産がある家の話」。そう思っている人は多いと思います。でも、現実には、むしろ相続税の課税対象にならないような相続で、数多くの深刻な揉め事が発生しています。斎藤英一先生は、それを「相続問題と相続税問題は、イコールではない」と表現します。
大きく増えた課税対象者

相続税の基礎控除が、平成27年1月から大幅に引き下げられました。基礎控除とは、「遺産総額がここまでなら、相続税はかかりません」というボーダーラインのこと。これが、従来の「5000万円+1000万円×法定相続人の数」から、「3000万円+600万円×法定相続人の数」になったのですね。金額にすると、4割の引き下げです。

ボーダーラインがそれだけ低くなるのですから、相続税の課税対象者は、当然増加します。国税庁の発表によれば、2011年の相続税の申告割合は、全国平均で4・1%でした。これが、基礎控除の改定により、6%台に上昇すると言われます。

この数字だけなら大したことがないようにも感じられるのですが、自宅など不動産の評価額が高くなる、東京をはじめとする大都市圏では、地方とはちょっと事情が違います。11年の申告割合が8・78%だった東京都では、15%程度まで高まるという見方もあります。都民の7人に1人が相続税を申告しなければならなくなるという事実には、けっこう大きなインパクトを感じますよね。

そんなこともあって、まちの本屋さんにも、相続に関する書物がたくさん並ぶようになりました。みなさんの関心事は、税金とともに、「相続で揉めないためにはどうするか」にあります。ただし、その「心配」は、高額の遺産相続を控える人だけがしていればいいものでは、ないようです。いや、むしろ相続財産のあまり多くない家庭こそ、気をつけるべきなのかもしれません。そんなことを考えさせるのが、次の数字です。
相続税がなくても、争いは起こる

表をご覧ください。相続をめぐる争いが、親族同士の話し合いでは決着せず、裁判所による調停に持ち込まれ、それが成立した件数(2012年)です。

なんと、全体の3割強は、遺産1000万円以下なのですね。1000~5000万円以下が4割強。全体の75%を5000万円以下が占めているのです。逆に、「億単位」の相続が調停に持ち込まれるのは、そんなに多くない。まあこれは、そもそもそうした高額の相続の実数が少ない、という状況を反映している面もありそうですが、それにしても驚きのデータではないでしょうか。

ちなみに、遺産総額5000万円というのは、さきほど述べた当時の相続税の計算式を参照すれば、悠々「課税圏外」であることが分かります。相続税のかからないレベルでも、調停になるような争いは起こる。まさに、「相続問題と相続税問題はイコールではない」のですね。

では、「相続問題」とは何か? それは、「相続人の間に横たわる感情の問題」と言い換えることができるでしょう。「親と同居していたのだから、自宅は自分がもらって当然だ」という長男の態度に他の兄弟が反発し、「だったら私も言わせてもらう」と諍いになる――という、このコラムで紹介した事例なども、その典型といえるでしょう。

私たち税理士は、「税」の問題には100%助言できても、そうした「感情」の部分にどれだけ関われるか、関わるべきかは、正直言って悩ましいところなのです。最低限のアドバイスをするとすれば、前にも言いましたが、まずは被相続人と相続人が、お互い相手の立場になって、「争続」にならないための準備を始めてほしい。月並みな言い方ですけれど、一番大事なのは、相手への思いやりの気持ちだと思うのです。

カテゴリ:遺産分割
関連記事
相続税の基礎控除額引き下げが招く「大変な時代」
今年1月から、相続税の基礎控除額が引き下げられ、税額自体も引き上げられました。今までは、「相続税なんて、よほどのお金持ちの話」と思われていたのが、東京都内に小なりといえども一軒家を持っていたりすれば、課税対象かどうかを心配しなければならないような状況になりました。税理士の小林清先生は、「法改正で、大変な時代になった」と、その影響の大きさに注意を促します。
「おかしな」税務調査もある
「税務調査」と聞いて、ドキリとしない人はいないでしょう。今年1月から課税される人が大きく増えた相続税も、もちろんその対象です。ともあれ、“怖い、怖くない”は別に、税務署のやることなのだから、そんなにメチャクチャなことはないのだろう、というのが一般的な受け止めではないでしょうか。ところが、中には相当「おかしな」調査もあるのだそう。「前回このコーナーで取り上げたケースが、まさにそれです」と税理士の稲葉豊先生は、指摘します。
メリットの大きい自社株の「民事信託」 ~賢い事業承継を考える②~
事業継承の大きなポイントである、「自社株を、どのようにして円滑に後継者に渡していくのか」という課題。対策の一つに、「民事信託」の活用があります。ただ、それがどのようなものなのか、まだ広く理解されたとは言えない現実もあるようです。上手に使えばメリットの大きいこの仕組みについて、公認会計士・税理士の田上敏明先生に聞きました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら