「こんな遺言書があったばかりに……」という相続もある ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「こんな遺言書があったばかりに……」という相続もある

「こんな遺言書があったばかりに……」という相続もある
vol.117img
「相続で争いを起こさないためには、被相続人が遺産をどのように分けるのか、遺言書を書いて、しっかり意志を示すこと」。これは相続の鉄則です。しかし、「遺言書を残したから、揉め事は起こらない」かというと、そんな保証はないのも相続なのです。反対に、その中身が一部の相続人の怒りに火をつけて、とんだ争いに発展することも。公認会計士・税理士の古川勉先生に聞きました。
「同居の子どもに全部やる」は許されるのか

私の経験した中に、こんな事例がありました。妻に先立たれた高齢の男性に、長女、次女、三女、長男の兄弟――という家族の相続です。お父さんの面倒をみていたのは、三女とその夫。なんと婿さんは、自分で建てた自宅を売って、そのお金も原資にお父さんの持つ土地に家を新築し、妻の親と同居したのでした。ちなみに、その家には、無職の長男(妻の弟)も同居していました。

そのお父さんと三女夫婦が、私のところに相談にいらっしゃいました。お父さんが遺言書を書きたいのだということでしたが、お考えの内容を聞いて、「これはまずいな」と思いました。「自宅の土地、建物はすべて三女に譲る。長女、次女、長男は相続なし」という中身だったんですよ。協力して家を新築し、同居して面倒をみてくれた三女夫婦に自宅を渡したい、という気持ちは痛いほど分かりました。でも、残りの兄弟のことをまったく考慮しないというのは、問題です。法律的にみても、例えば、働こうとせずに“タダ飯”を食べている長男にも、遺留分(*1)を請求する権利はあるのです。

そうしたことも含めて、「他のお子さんにも配慮したほうがいいですよ」「せめて、遺留分を捻出する方法を考えませんか?」と申し上げたのですが、お父さんは「他の兄弟には、ちゃんと言い聞かせるから大丈夫」の一点張りだったんですね。

「誰も幸福にならない」相続に

しかし、やっぱりその見立ては大甘でした。お父さんが亡くなり、いざ相続になって、現実に遺言書で「ゼロ回答」を突き付けられた長女と次女は、「なによ、それ!」と激怒。いったんこじれると、“負の感情”はどんどん増幅します。

彼女たちには、「三女の親との同居」は、こうも見えていました。新築した自宅は、お父さんのお金も使って建てたもの。相続を「使って」、まんまと土地も家も、自分たちのものにするつもりでしょう。弟だって、冷遇して、ろくにご飯を食べさせてないじゃない――。実際、そんなことはないにもかかわらず、相手のことを悪く考え始めると、何もかもが疑わしくなるのです。

そんなことを言われて、わざわざ自宅を売ってまで、妻の親や子どもと同居した婿さんが、「冗談じゃない」という気持ちになるのは、仕方のないところ。「だいたい、お義姉さんたちは、親の面倒を一切みてないじゃないですか!」と声を荒げてしまった。それがまた、話をこじれさせる結果になりました。

結局、長男も含めた3人が、遺留分減殺請求(*2)を申し立ててきました。そうなると、こちらとしては、もうどうしようもありません。三女夫婦は、せっかくの新築の家も土地も手放してお金を作り、遺留分を支払って、自分たちは郊外の狭い土地に家を建てて移り住むことに。同居していたご長男は、別の場所の賃貸アパートに転居です。もう三女夫婦のサポートは受けられません。そもそも、兄弟仲をズタズタにして争うほどの財産ではなくて、遺留分といっても、たかだか数百万円程度。結果的に、誰もハッピーにはなれませんでした。「感情で動く」相続の怖さが、もろに出た事例でしたね。

ともあれ、このケースでも、被相続人であるお父さんが、楽観的であり過ぎたところが問題でした。彼に「もしかしたら争いになるかもしれない」という危機感がもう少しあって、こちらのアドバイスに正面から耳を傾けてくれていたら、と今でも思うのです。

やはり、いくら親の意志とはいえ、「兄弟のうち一人だけに全部譲る」という遺言はNGだ、ということは申し上げておきたいですね。それを目にした時の、他の子どもたちの感じる衝撃を、想像してみてほしいのです。

*1遺留分 相続人が、最低限相続できる財産。相続人が子どもだけの場合は、法定相続分の2分の1。この場合は、相続人が4人なので、それぞれの取り分は、4分の1×2分の1=8分の1ずつ。

*2遺留分減殺請求 自らの遺留分を侵害している相続人(このケースでは三女)に対して、侵害分を請求すること。

カテゴリ:遺産分割 遺言
関連記事
揉めない相続は、家族のコミュニケーションから
親の遺産相続で揉める――。誰もが避けたいことなのに、今も日本中で数多くの諍いが起きているのが、現実です。仲の良かった兄弟姉妹が、相続が起こったがために断絶状態になってしまうことも、決して珍しいことではありません。「相続争いを避けるためのキーワードは、コミュニケーションです」と、税理士の海老原 玲子先生は強調します。
「平等」のはずが……知っておきたい「共有名義」の怖さ
「土地は、きょうだい仲良く3分の1ずつに分けなさい」。良かれと思って書いたその遺言により、子や孫が悩み、苦しみ、骨肉の争いを展開するとしたら……。一時の判断で、後の代まで禍根を残してしまう、そんな怖さも相続にはあるのです。税理士・公認会計士の鴛海量明先生に聞きました。
税理士が、話をややこしくすることもある
うちは相続税がかかるのか? 払うとしたら、いくらになるの?――。そんな時に頼りになるのが、相続に詳しい税理士の先生です。でも、税理士も人間。相続人の中の特定の人物に「肩入れ」したりした結果、かえってトラブルを招くことも。税理士の仁科忠二郎先生には、こんな経験があるそうです。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら