95歳の父が、母の残した土地と株を要求!? ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 95歳の父が、母の残した土地と株を要求!?

95歳の父が、母の残した土地と株を要求!?
vol.136img
「あの人は、こんな気持ちを心の内に秘めていたのか」「自分のことを、そんなふうに思っていたんだ」――。遺産分割という現実に直面した時、初めて露わになる感情があり、往々にして想定外の揉め事に発展していく。それが相続です。そんな「露わになった感情」が、“ドラマ”を生むことも。税理士の土田義二先生は、こんな相談に驚いたことがあるそうです。
働き者のお母さんが亡くなって、相続に

高齢の女性が亡くなり、相続になりました。相続人は、95歳の夫と、60過ぎの一人息子。息子さんは独身で、親と同居していました。相続財産は、彼女が所有していた土地と株がメインで、1億円ほどありましたね。元教員のお母さんがせっせと働いてお金を貯め、投資して作った財産でした。

私のところに相談にいらっしゃったのは、息子さんでした。聞けば、単純な相続だから、初めは自力で申告しようと考えたそう。でも、やってみたら意外に煩雑な作業が必要だと分かったので、「やはりプロに任せよう」と、私のところに来たのでした。

しかし、「単純な相続」の中身を知って、心底驚きましたよ。なんと土地と株のすべてを相続するのは、95歳のおじいちゃん。息子さんは2000万円ほどの預金だけを受け取る、という内容だったんですから。いらした時には、財産の名義変更まで、すでに済ませた後でした。

それにしても、失礼ながら老い先短い人間が、そんな資産を手にしてどうするのだろう、と私でなくても思うはずです。息子さんの話の断片に、こちらの想像を付け加えて言えば、おおよそ次のような事情があったようなんですね。若い頃から精力的にバリバリ働くお母さんに対して、お父さんはどちらかというと大人しく、家の中では尻に敷かれるタイプ。妻のほうが稼ぎがいい、というコンプレックスもあったのでしょう。そんな「恐妻」が先に亡くなって、心底自由になれた。妻の財産を「我がもの」にするという行為は、その象徴だった、というわけです。そういう感情に、年齢は関係ないということなのでしょう。

「父が元気であれば、それでいい」

とはいえ、経済的な側面からいえば、これは「賢い相続」とはいえません。このままの状態だと、恐らくそう遠くはないお父さんの二次相続(※)で、高額の相続税を支払わなくてはなりません。今回の一次相続(※)で、ある程度息子さんに財産を移しておけば、節税にもなるし、土地などの名義の書き換えをし直す必要もないので、登記料などの「二度払い」も避けられるのです。

ただ、この相続には、もう一つ驚くことがあって、「せめて、土地などの名義変更をする前に来てほしかった」と今の話を息子さんにすると、「そうですね。でも、いいんです」と言うんですよ。「父が元気なら、問題ありません」と。生前、妻が自慢していた財産を手にしたお父さんは、見違えるように生き生きしたそう(笑)。「土地も株も、全部俺にくれ」という、常識はずれの父親に素直に従った息子の行動が、それで理解できました。お金には変えられない感情もある、というわけですね。

本当に、何度経験しても、相続ではびっくりさせられることばかり。こういう、心温まる「びっくり」だけならいいのですけれど。

※一次相続と二次相続 配偶者のどちらかが先に亡くなって発生するのが一次相続。もう一人が亡くなった場合が二次相続。

カテゴリ:遺産分割
関連記事
去年と今年、ガラリと変わった「相続環境」
今年(2015年)1月に、相続税の基礎控除の引き下げが行われました。基礎控除が引き下げられるということは、それだけ相続税を支払わなければならない人が増えることを意味します。特に、東京をはじめとする都市部に自宅をはじめとする不動産を持つ人は要注意、といわれていますが、実情はどうなのでしょうか? 引き下げから半年あまり経った相続の現場を、税理士の山下桂先生に聞きました。
相続になってわかった、「生産緑地」が解除できない!?
昨日まで畑だった土地が整地され、やがて次々に住宅が建つ。都市の近郊などでは珍しくない風景ですが、自分の土地だからといって、「農地」を勝手に他の用途に転用することはできません。相続人に農業を続ける意思がない場合には、このことが問題を引き起こすこともあります。税理士法人みらい経営の神緒美樹先生は、こんな事例を紹介してくださいました。
絶対にやめるべし、「自筆の遺言」
相続に備えて、遺言を残すことが奨励されています。中には「自筆で簡単に遺言できる」と、書き方を指南する書物も。しかし、税理士の久野豊美先生は、その「危険性」を指摘します。自筆遺言にしたばかりに起こった「悲劇」とは?
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら