「内縁の妻」は相続人? その子どもは? ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「内縁の妻」は相続人? その子どもは?

「内縁の妻」は相続人? その子どもは?
vol.148img
ただでさえ、揉め事に発展しやすい遺産相続。そこに「亡くなった父の愛人」が絡んだりすると、状況はいっそう複雑化します。中には、明らかに遺産目当てで近づいてくるようなケースも。税理士法人おしうみ総合会計事務所の鴛海量明先生も、やはり愛人絡みの、こんな事例に出会ったことがあるそうです。
◆「愛人」がいたゆえに、相続が複雑に

八木:税理士として長く相続の相談を受けていると、「えっ」と思うような家族関係を目の当たりにすることもあるのでは?

鴛海先生:それは珍しくないですよ(笑)。中には、超複雑なうえに、結局「嘘」がバレて一発逆転、なんていうケースもありました。ご紹介しましょう。

父親が亡くなって相続になった男性から、相談を受けました。遺産の総額は、現金に不動産、有価証券などを含めて、ざっと10億円程度でしたね。お母さんはすでに他界していて、他に血のつながった兄弟もいません。これだけなら相続人は依頼人1人という「簡単な相続」のはず。ところが、家族関係はことのほか複雑だったんですよ。

八木:それはどうしてでしょう?

鴛海先生:実は、60歳代後半だったお父さんには、40歳の愛人=「内縁の妻」がいたんですね。で、お父さんと付き合うようになってから、子どもができた。そこで、その子の認知をせがまれたわけです。「自分の子だから」と、お父さんはその通りにしました。それだけではありません。この女性には、彼と知り合う前にできた2人の「連れ子」がいたんですよ。お父さんは、「同じ兄弟なのだから、養子にしてやって」という彼女の願いを聞き入れて、その子たちも養子にしていたのです。

八木:なるほど。「複雑」の意味が分かりました。

鴛海先生:さて、この状態で相続になったわけですが、被相続人は遺言書を残していませんでした。ですから、法定相続分(※)に則った遺産分割が基本になります。それではこのケース、相続人は誰になるでしょうか?

※法定相続分 民法に定められた、被相続人の遺言書がない場合の、相続人の遺産の取り分。

◆相続人は誰なのか?

鴛海先生:実子である依頼人は当然として、内縁の妻は相続人でしょうか? 残念ながら、被相続人と婚姻関係がない場合には、法定相続人にはなれないんですね。ならば、被相続人と彼女との間にできた子どもはどうか? 法律上の婚姻関係のない男女の間に生まれた子どもを「非嫡出子」といいますが、被相続人と血のつながっている彼には、相続人の資格があるんですよ。この場合、父親が認知していれば、実子=「嫡出子」と同じ扱いになります。

付け加えておけば、父親が認知せずに死亡した場合でも、DNA鑑定で親子関係が証明されればOK。これを「死後認知」といいます。また、かつては「非嫡出子の相続分は、嫡出子の2分の1」という民法の定めがあったのですが、2013年9月に最高裁でその規定に違憲判決が出て以降、遺産の取り分も実子と同じになったんですよ。

では、あと2人の登場人物、被相続人の養子は? 実は彼らも立派な法定相続人です。民法上、養子は実子と同等の身分が認められるんですね。相続税の計算上、法定相続人の数に含める養子の数は一定数に制限されていますが、民法上は何人でもかまいません。

八木:この事例についてまとめると、相続人は、実子である依頼人と、被相続人が認知した子供+2人の養子という内縁の妻の3人の子供――の計4人。相続分はそれぞれ4分の1ずつということになりますね。

鴛海先生:ところが、実際にはそうではなかった。「逆転劇」の顛末は、次回お話ししたいと思います。

カテゴリ:遺産分割
関連記事
ちょっと待った! 不動産の「共有名義」
遺産の不動産をどうするか? すぐに売却は難しい。さりとて、誰か一人が相続したら、明らかな不平等が生じてしまう。だったら、相続人の「共有名義」にして、みんなで等分すればいいじゃないか――。一見、平等で合理的に見えるこのやり方。実は、将来に禍根を残しかねない、“禁じ手”でした。税理士の仁科忠二郎先生に聞きました。
タワーマンション固定資産税見直しの意味するもの~その2~
2017年税制改正大綱に盛り込まれた、タワーマンションの固定資産税の見直し。階数が高くなるにつれ税率が上がる形への改正ですが、実際には相続税の節税効果が大きく失われることはないというのが、前回のお話でした。ただし、「だからといって、深く考えずに『タワマン節税』に走るのは問題です」とランドマーク税理士法人の清田幸弘先生は、警鐘を鳴らします。
相続にも「設計図」が必要です
普通に仲の良かった兄弟が、親の遺産相続を機に仲違いしてしまう――。残念ながら、それが例外でも他人ごとでもないのが、今の日本の相続をめぐる実情です。なぜ、そんなことが多発するのでしょう? 税理士の小林清先生は、「親が生前にきちんとした『設計図』を描かずに、突然相続になるのが、大きな理由の一つ」だと指摘します。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら