「あとは野となれ山となれ」では無責任 ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「あとは野となれ山となれ」では無責任

「あとは野となれ山となれ」では無責任
vol.169img
不幸にも相続をめぐる争いが勃発した時、被相続人はこの世にいません。産み育てた子どもたちが繰り広げる骨肉の争いを見ずにすむのは幸せかもしれませんが、兄弟たちの関係は、へたをすると修復不可能になってしまうかもしれません。そうならないためには、「1にも2にも、生前の相続対策が大事だ」と税理士法人斎藤会計事務所の斎藤英一先生は話します。
◆自分の財産なのだから

八木:前回までお話しいただいた、「寄与分」(※)をめぐる争いなどは、被相続人が例えば「長男の嫁には世話になったので、これだけの財産を譲る」といった遺言書を残せば、かなり発生リスクを抑えることができますよね。

斎藤先生:そうですね。ただ遺言書もいいのですが、私は親が元気なうちに、自分の財産をどうしたいのかをきちんと決め、子どもたちを集めて話しておくことが、最も効果的だと思うのですよ。そこで親が自分の「方針」を語り、相続人みんなと話し合っておけば、「本番」で揉め事になることはないはずなのです。

逆の言い方をすると、親が「黙っていても子どもたちは仲良く遺産を分けてくれるだろう」と楽観視して成り行きに任せたり、あるいは「俺の目の黒いうちは、相続の話なんかさせない」といった態度を取ったりするのは、ちょっと無責任だとも感じるんですね。「目の黒いうち」はいいけれど、いざ相続になった時、その話し合いの場に自分はいないのだということを、ぜひ考えてほしいのです。あくまでも被相続人の財産なのですから、それは最後まで自分でコントロールしないと。億円単位の資産がある場合などは、なおさらです。
◆「利害関係」が発生してからでは、税理士も入りにくい

八木:「長男の妻」が、被相続人を献身的に介護していたような場合には、その労を認めるべきだ、というのが先生のスタンスです。遺産分割協議でそういう部分が論点になった時には、しかるべき「アドバイス」をするのですか?

斎藤先生:被相続人が、特に遺産分割についての意思を示さずに亡くなった場合、分割協議に最初から我々が「介入」すると、それがトラブルのもとになることもあるんですね。ゼロから遺産分割の話がスタートしたとたん、そこに「利害関係」が生まれます。その状態で特定の人の肩を持つようなことをすると、他の相続人は、当然「どうして1人の味方をするのか」という感情を抱くでしょう。

ですから、遺産分割のやり方は、まず相続人の方々にお任せします。もちろん、すでに紹介した事例のように、揉め事に発展しそうな時には、状況を踏まえた提案はさせていただきますが。

ただし、被相続人も含めた生前の話し合いであれば、話は別です。「お嫁さんへの遺産分割を考えている、お父さんの気持ちを汲んだ相続にしましょう」という提案も、堂々とできるんですよ。

八木:その段階から相続に強い税理士さんに相談すれば、専門家のスキルをより「有効活用」できるというわけですね。

斎藤先生:繰り返しになりますが、そうした相続対策のイニシアティブをとれるのは、被相続人です。そのことを忘れないでください。

※寄与分 相続において、「被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした」(民法904条の2第1項)相続人を、他の相続人よりも優遇しようという制度。
関連記事
「土地の相続対策」は、節税+納税資金対策でいく
当然のことながら、相続税は預貯金などの現金の他に、不動産や有価証券などの資産にもかかってきます。納税は基本的に現金でしなければなりませんから、総資産に占める不動産のウエートが高いような場合には要注意。事前の準備を怠ると、「土地をもらったのはいいけれど、相続税を払うお金がない!」といった事態になりかねません。今回は、そうしたケースにどのように対応しているのか、東京中央税理士法人の田上敏明先生にうかがいました。
「まずビジネスありき」の誘いには、注意が必要
相続は、不動産業、建設業などの業界にとっても、ビジネスチャンス。どこで知ったのか、「不動産の売却は、当社にお任せください」なんていう電話がかかってきたりもします。それが、ハッピーな相続につながればいいのですが、場合によっては、話に乗ったために、相続人同士の争いに発展するようなこともあるようです。税理士の仁科忠二郎先生に聞きました。
土地の再評価で、20億円の相続税を10億円に!~その3~
他の相続財産と違い、いろいろな評価の仕方があって、その結果いかんでは相続税の支払い額に大きな差の出る不動産。前回は、広い土地に適用される「広大地」についてお話しいただきました。もちろん土地には、広さ以外にも様々な“顔”があります。引き続き、税理士法人チェスターの荒巻善宏先生に、評価減が可能なケースについて、ご紹介いただきましょう。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら