「土地の相続対策」は、節税+納税資金対策でいく ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「土地の相続対策」は、節税+納税資金対策でいく

「土地の相続対策」は、節税+納税資金対策でいく
vol.175img
当然のことながら、相続税は預貯金などの現金の他に、不動産や有価証券などの資産にもかかってきます。納税は基本的に現金でしなければなりませんから、総資産に占める不動産のウエートが高いような場合には要注意。事前の準備を怠ると、「土地をもらったのはいいけれど、相続税を払うお金がない!」といった事態になりかねません。今回は、そうしたケースにどのように対応しているのか、東京中央税理士法人の田上敏明先生にうかがいました。
◆納税資金を確保する

八木:「けっこう広い土地を持っているけれど、相続は大丈夫か?」。特に2015年に相続税の基礎控除(※1)が引き下げられて以降、そういう相談が増えたように感じます。

先生:相続人に渡せる現金が少なければ、彼らは自前で納税資金を用立てなければなりませんからね。前回までお話した、慌てて空き家にアパートを建てて失敗するといった悲劇の増加にも、そんな背景があるのかもしれません。

八木:むやみにアパート経営に乗り出したりするのは論外として、先生ならどんなアドバイスをなさるのでしょうか?

先生:不動産としては、純粋に土地だけお持ちのオーナーの場合、まずは節税が可能かどうか検討します。アパート経営に十分な採算性が見込めるのなら、それもいいでしょう。ただほったらかしにしている土地で、賃貸物件を建てたりするのにも不向きな場合は、いったん売却して、その資金を基に別のところで賃貸事業を始めるといった「資産組み換え」も、可能であるならば選択肢の一つになると思います。

ただ、これは専門家それぞれの考え方だとは思うのですけれど、私はどちらかというと「冒険」はお勧めしません。それよりも、相続人が納税資金に困らないよう、着実に手を打っておくことを優先してお話しするんですよ。

八木:例えば、どんなアドバイスを?

先生:複数お持ちの場合は、持ち続ける不動産、すなわち子どもと同居している自宅などと、手放してもいい「遊んでいる」不動産に分けてもらい、後者は売却して現金化することも検討します。このように納税資金対策をきちんとしておくことは、相続人の間の無用な争いを避けるためにも大事なポイントです。
◆生前贈与も考える

八木:不動産は息子夫婦と同居する自宅のみ、といったケースも多いと思います。

先生:そうした家庭の場合は、必要に応じて生前贈与を考えます。生前贈与の非課税枠は年に110万円ですから、ほとんど効果がないように感じられますが、例えば息子と嫁、孫に非課税枠をフルに使って贈与していけば、10年で3300万円移動させることが出来ます。

八木:早めに準備を開始することが大事なんですね。

先生:ちなみに不動産の贈与には、税金が2500万円までかからない「相続時精算課税」を使うこともできます。今説明した「暦年課税」と違い、贈与時に一括で税金を申告、納付するやり方で、贈与した親が亡くなった時にその贈与財産を含めて相続税を計算し、この相続税とすでに支払った贈与税との差額を納める、もしくは還付を受ける、というものです。

ただし、注意点があります。贈与税が2500万円までかからないというのは魅力的に感じられるものの、この方法で贈与を行った場合、相続時に自宅の評価額を8割減らせる小規模宅地の特例(※2)が使えないのです。結局払う税金が多くなったということも、十分あり得るんですよ。
関連記事
「節税ビジネス」に踊らされてはいけない
「高い」相続税は、こんなやり方で軽減することができます――。世の中には、節税策が百花繚乱の趣です。むろん、誰しも無駄な税金は支払いたくないもの。ただし、策に溺れた結果、逆に重いツケを支払わされるようなことになっては、元も子もありません。ランドマーク税理士法人の清田幸弘先生は、そのきっかけになりかねない「節税ビジネス」に注意を促します。
事業承継であってはならない、被相続人の「油断」
「みんな俺の姿を見ているから」「それなりに手を打ったから」――。相続対策の必要性はなんとなく感じていても、「まあ、うちに限って大丈夫だろう」と考える方は、意外に多いようです。しかし、その思い込みは危険。事業の引き継ぎがかかっているとなれば、なおさらです。前回に引き続き、「スムーズな事業承継」について、公認会計士・税理士の古川勉先生にお話しいただきます。
「平等」のはずが……知っておきたい「共有名義」の怖さ
「土地は、きょうだい仲良く3分の1ずつに分けなさい」。良かれと思って書いたその遺言により、子や孫が悩み、苦しみ、骨肉の争いを展開するとしたら……。一時の判断で、後の代まで禍根を残してしまう、そんな怖さも相続にはあるのです。税理士・公認会計士の鴛海量明先生に聞きました。
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら