専門家の言うことを「聞く」力も試される ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 専門家の言うことを「聞く」力も試される

専門家の言うことを「聞く」力も試される
vol.178img
相続についての不安をあれこれ話せて、的確なアドバイスをくれる税理士の存在は、頼もしい限りです。ただし、税理士ならば誰でも相続に詳しいとは限りませんから、ホンモノのプロを選ぶ目も必要になります。同時に、信頼に足る専門家の助言には真摯に耳を傾け、実行することが大事。東京中央税理士法人の田上敏明先生は、その点で辛い経験もしたそうです。
◆一生懸命話した結果、顧問契約解除に

八木:相談に来たお客様は、先生がアドバイスすれば、みんな納得して動いてくれますか?

先生:そうしていただくために、できるだけ個別に具体的な数字やシミュレーションなどを用意して、お話しするようにしています。ただ、時にはお客様のほうが「初めに結論ありき」の頭になってしまっていて、こちらの言うことを聞いていただけないようなこともあるんですよ。

前に、空き地にアパートを建てて土地などの評価額を下げる相続対策の話をしたと思います。確かに相続税は下げられるけれども、同時に賃貸事業の採算性をきちんと見極める必要がある、と。

八木:すでにアパートを建てた方から、「うまくいかないけれど、どうしたらいいか?」という相談を受けられたのですよね。

先生:実は、建てる前のお客様もけっこういました。ハウスメーカーなどに勧められ、「アパート経営をやりたいんだが」と言うわけです。で、今話した採算性の観点から危うさを感じ、「お勧めできません」と申し上げたことも、何度もあります。そんな時、頑として考えを変えないお客様もいたんですよ。「そんなはずはない」「採算が合わないというのなら、合うようにしてくれ」……。「難しい」と答えると、ならばと顧問契約が解除になったことが、何回かありました。

八木:そうなんですか。先生としては、仕事を失ってでも止めたかった。

先生:いい加減なアドバイスをした結果、事業が赤字になって、「大丈夫だと言ったではないか」という事態になるリスクもありますから。そういう責任は負えません。

八木:聞くほうとしては、専門家がそのくらいの決意でものを言っているのだということを、きちんと認識する必要がありそうですね。あえて自分にとって厳しいことを言ってくれるプロこそ、信頼すべきなのではないでしょうか。
◆税務の前に、まず「相続」をどうするか

八木:最後に、相続に対する先生の基本的な考え方を聞かせてください。

先生:ずっと相続税の話をしてきたのですが、実は税務の前に相続そのもの、つまり「財産をどのように分けるのか」という方針を立て、そのための対策を考えることが、何よりも大事だと思うんですよ。あえてこのように言うのは、往々にしてその根本のところが疎かになっていて、相続税ばかりに頭の行っていることが多いからに他なりません。

いろんな事例を扱ってきた私の印象なのですが、同じ金額であっても、相続税はとりわけみなさんの重税感が強いように感じられるんですよ。人によっては、恐怖に近いものを覚えている(笑)。相続は先のことだし、税金を支払うのも自分ではなく相続人だし、という状況がそうさせるのかもしれません。ただ、やはり冷静に事を運ばないと、「アパート経営の失敗」のような取り返しのつかないことにもなりかねないのです。そういう意味でも、不安に思ったところは、躊躇せず専門家の意見を聞いてほしいと思います。
カテゴリ:事業承継 生前贈与
関連記事
「遺産の大半は自宅」の“悲劇”
遺産相続でトラブルになりやすい不動産。中でも、「相続人が複数いるのに、めぼしい相続財産は自宅の土地と建物以外にほとんどない」というケースは、よほど事前の準備を入念に行わないと、骨肉の争いになりかねません。税理士の斎藤英一先生はこんな事例を紹介してくれました。
姪っ子夫婦との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(1)
使えれば、相続時の宅地の評価額を大幅に減額することが可能な、「小規模宅地の特例」。しかし、前回も指摘されたように、その要件は複雑で、税理士でも適用には二の足を踏むことが少なくないようです。ただ、この分野に詳しい税理士の高橋安志先生は、「一見無理そうでも、小規模宅地の特例が使えることが、けっこうある」と言います。今回からは、実際に担当された事例をもとに、お話しいただくことにします。
「子ではなく、家政婦に全財産を」という遺言書を有効と認めた裁判所
今年1月、「全財産を家政婦に譲る」という資産家女性の遺言書の有効性が争われた裁判で、家政婦が全面勝訴を勝ち取った「事件」をご記憶でしょうか。報道されたのが、“何十年も仕えた家政婦vs実家に寄りつかずお金の無心ばかりしていた娘たち”という、まるでドラマのような構図だったこともあって大きな注目を浴びましたが、この事例について税理士の浅野和治先生は、どうみたのでしょう?
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら