贈与 遺産相続 「先生 教えて !」 ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「贈与」記事一覧

「贈与」記事一覧
遺産分割協議の「招かれざる客」=相続人の配偶者
被相続人が残した遺産を、相続人の間で具体的にどう分けるのかを決めるのが、遺産分割協議です。ところが、ただでさえナーバスになるその現場に、事態を一層複雑にする「部外者」が介入することが、たまにあります。協議は、あ...
突然「帰って」きた夫が死亡。さて、相続は?
家族の関係は、千差万別。中には、家庭を顧みず「火宅の人」のような生活を送る方もいます。しかし、どんな状況であれ、いざ相続になったら遺産をしっかり分け、必要に応じて納税しなければなりません。「相続人が大変な目に遭...
相続になって初めて気づく「贈与」もある
計画的に行えば、親から子などへのスムーズな財産の移動が行えて、相続税の軽減にも有効な生前贈与。しかし、やり方を間違えると、相続の時、思わぬ事態を招くこともあります。特に、不動産売買などの大きな買い物が絡む場合に...
あれこれ努力して作った「へそくり」が、どうして「夫のもの」なの!?
ある程度生活を切り詰めて、夫の給料から「余剰金」を捻出し、自分(妻)の通帳にストック――。このようにして、いわゆる「へそくり」を貯めている人は、少なくないでしょう。ところが、たとえそれが「家族の万一の時のために...
「名義預金」か「贈与」か。単純ではない“損得”の分かれ道
ある人が、妻や子どもの名義の通帳を作り、「将来のために」と預金をするのは、珍しいことではないでしょう。ただ、そのことを名義人が知らなければ、それは相続の際には、「名義預金」とされ、被相続人の相続財産とみなされま...
さらに表示
財産を子どもにあげすぎるのは「危険」! しっかりとしたプランニングを
親から子への贈与や相続には、“親心”が如実に反映します。「少しでも多く残してあげたい」「献身的に面倒をみてくれたあの子に渡したい」……。でもそこには、「自分のこと」や、「もらった子どもの将来」が抜け落ちてはいま...
あげたいのに、受け取ってもらえない。そんな相続もある
相続は、放棄もできることをご存知でしょうか? 例えば、被相続人の借金は、相続人が引き継がなければなりませんが、相続放棄の手続きを行えば、その義務から免れることができます(財産をもらう権利も失います)。ところが、...
例えば、不動産が絡む相続だったら、不動産に強い税理士に頼む。それが鉄則
弁護士にも、離婚問題や相続などの案件に取り組む“マチ弁”もいれば、労働争議に強い人、あるいは企業法務のエキスパートなど、いろんな専門家がいます。税理士も同じで、相続に詳しい先生もいれば、そうでない人もいる。その...
最も多い「否認事項」はこれ!「名義預金」に要注意
相続の際、不動産や現金以上に精査され、実際に問題が指摘されることも最も多いのが、「名義預金」であることをご存知でしょうか? 2015年の基礎控除額引き下げ以降は、今まで以上に注意が必要です。税理士の久野豊美先生...
親のお金を自分の口座に移しておけば、相続対策になる?
2015年からの相続税基礎控除額の引き下げで、もしかしたらわが家も課税対象に。ならば、と親の預金をあらかじめ自分の銀行口座に移動させる人がいます。確かに、「親名義」の現金は減る。でも、これって本当に相続税対策に...
さらに表示
「都心に家」で、あなたにも相続税が!?
来年1月から、相続税が「増税」になる――。このサイトを覗かれた方なら、そのこと自体はご存知かもしれません。ただ、「課税対象者は“100人に4人”が“100人に6人”に増えるだけ」と聞けば、「なんだ、“中流家庭”...
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら