節税 遺産相続 「先生 教えて !」 ┃ 相続に強い税理士紹介 相続財産センター

トップページ > 遺産相続 「先生 教えて !」 > 「節税」記事一覧

「節税」記事一覧
メリット大、リスクも大の「広大地」~その4~
プロでも適用できるのかどうかに迷う「広大地」。なぜそうなるかといえば、「これが広大地です」という明確な基準がないからでした。この問題の是正に向けて、2017年度税制改正大綱には、「広大地評価方法の見直し」が盛り...
メリット大、リスクも大の「広大地」~その3~
適用されれば、相続する土地の評価額を大幅に引き下げることのできる「広大地」の適用ですが、実際には申告に際して二の足を踏む税理士さんも多いそう。「原因は、適用できるかどうかの判断が難しいのと同時に、税務署に否認さ...
メリット大、リスクも大の「広大地」~その2~
3大都市圏で500平方メートル以上、その他の地域は1000平方メートル以上で、周囲に同じような広い土地がなく、かつ戸建て住宅しか建てられない――。簡略化すると、それが「広大地」の適用条件だというのが、前回のお話...
メリット大、リスクも大の「広大地」~その1~
相続税の納税額に大きな影響を与えるのが、被相続人の持っていた不動産。中でも「広い土地」は、それがいくらで評価されるのかによって、結果に雲泥の差が出ます。その評価額をドラスティックに下げられる「広大地」をご存知で...
「節税ビジネス」に踊らされてはいけない
「高い」相続税は、こんなやり方で軽減することができます――。世の中には、節税策が百花繚乱の趣です。むろん、誰しも無駄な税金は支払いたくないもの。ただし、策に溺れた結果、逆に重いツケを支払わされるようなことになっ...
さらに表示
タワーマンション固定資産税見直しの意味するもの~その2~
2017年税制改正大綱に盛り込まれた、タワーマンションの固定資産税の見直し。階数が高くなるにつれ税率が上がる形への改正ですが、実際には相続税の節税効果が大きく失われることはないというのが、前回のお話でした。ただ...
タワーマンション固定資産税見直しの意味するもの~その1~
昨年末に公表された2017年度の税制改正大綱に、富裕層の相続税対策として人気のタワーマンションに関し、その固定資産税を見直すことが明記されました。節税効果の大きな高層階ほど増税になる仕組みにマスメディアも大いに...
迷ったら、セカンドオピニオンという方法もある
親が死んで相続になったから、申告を税理士に依頼。でも、その先生が相続に詳しくなかったら、多額な税金を無駄に支払う羽目になるかもしれません。ただそうはいっても、「いい税理士」選びは、素人にとって簡単なことではない...
遺言書を書かないデメリット、あなたは理解してますか?~その2~
遺産分割のやり方を示し、相続人に自らの気持ちを伝える遺言書。それは、「争続」を未然に防ぐためにも、有効な相続対策です。とはいえ、法的な有効性が認められなかったり、逆に揉め事のタネになったりしたのでは、元も子もあ...
遺言書を書かないデメリット、あなたは理解してますか?~その1~
「正しい遺言書の書き方」。ネットには、そんな記事が並んでいます。しかし、実際にそれを残すのは、まだ少数派。そのために、相続人の間でトラブルが発生したり、被相続人の意思とは異なる相続になってしまったりということも...
さらに表示
土地の再評価で、20億円の相続税を10億円に!~その4~
「広大地」などで相続財産である土地の評価を見直し、「小規模宅地等の特例」の適用を進めた結果、相続税を大幅に縮小させることができた――というのが、前回まで紹介いただいた事例でした。ただし、それでも相続税は10億円...
土地の再評価で、20億円の相続税を10億円に!~その3~
他の相続財産と違い、いろいろな評価の仕方があって、その結果いかんでは相続税の支払い額に大きな差の出る不動産。前回は、広い土地に適用される「広大地」についてお話しいただきました。もちろん土地には、広さ以外にも様々...
土地の再評価で、20億円の相続税を10億円に!~その2~
50ヵ所に分散した被相続人の大小さまざまな土地を再評価した結果、相続税を10億円も減額できた――。今回は、そんな事例の続きです。評価の仕方によってそんなにも差がつくこと自体驚きですが、いったいどうやってそれを実...
土地の再評価で、20億円の相続税を10億円に!~その1~
2016年から相続税の基礎控除(※)が大幅に引き下げられ、税金支払いの対象者が拡大されるとともに、税率もアップしました。「お父さんの相続は大丈夫?」という不安を抱く人も増えています。今回から、日本でも屈指の相続...
「そんな馬鹿な!」にならないために~相続対策の不動産③~
相続対策に、アパート、マンション経営といった不動産を活用した方法が有効。しかし、相続税の節約ばかりに目が行っていると、思わぬ落とし穴にはまる危険がある――というのが、前回のお話でした。ただ、素人には、メリット・...
さらに表示
15億円の相続税を「取り戻した」話
実は、税理士の中には、相続に詳しい先生もいれば、そうでない先生もいます。特に多額の資産を持っていたり、多くの不動産が絡んだり、事業承継が必要だったり――といった相続の場合には、“その道のプロ”に頼むのが正解です...
相続になって初めて気づく「贈与」もある
計画的に行えば、親から子などへのスムーズな財産の移動が行えて、相続税の軽減にも有効な生前贈与。しかし、やり方を間違えると、相続の時、思わぬ事態を招くこともあります。特に、不動産売買などの大きな買い物が絡む場合に...
あれこれ努力して作った「へそくり」が、どうして「夫のもの」なの!?
ある程度生活を切り詰めて、夫の給料から「余剰金」を捻出し、自分(妻)の通帳にストック――。このようにして、いわゆる「へそくり」を貯めている人は、少なくないでしょう。ところが、たとえそれが「家族の万一の時のために...
「元夫の親族」との関係は、「離婚」と「死別」でこれだけ違う
前回まで、「小規模宅地の特例」に関連して、「誰が親族なのか」が、相続において大きな意味を持つことをお話しいただきました。ところで、「元夫の親族」との関係が、「離婚」と「死別」で異なることを、ご存知でしょうか? ...
息子の妻の父親との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(2)
「小規模宅地の特例」が使えるのは、相続する建物の所有者、居住者が被相続人の「親族」である場合――。前回まで、法や税の専門家でさえ勘違いすることのある、その「親族」の定義について考えてきました。ところで、この分野...
さらに表示
息子の妻の父親との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(1)
適用が受けられれば、相続する宅地の評価額を80%まで減額できる「小規模宅地の特例」。前回まで、「姪の夫が建てる二世帯住宅に使えるか」という事例について、検討しました。適用要件が厳しいと思われがちな小規模宅地の特...
姪っ子夫婦との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(3)
前回、前々回と、「以外に適用範囲の広い、『小規模宅地の特例』」について、お話しいただきました。そこに居住するのが「姪の夫」の場合でも、民法に定める「三親等内の姻族」に当たるため、相続の際に宅地の評価額を80%ま...
姪っ子夫婦との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(2)
宅地の評価額を80%まで減額できる「小規模宅地の特例」。はたして、それが適用される『親族』は、どこまでをいうのか? ケースによっては、税理士さんも首をひねるこの問題について、引き続きこの分野に詳しい税理士の高橋...
姪っ子夫婦との二世帯住宅、「小規模宅地の特例」は使える?(1)
使えれば、相続時の宅地の評価額を大幅に減額することが可能な、「小規模宅地の特例」。しかし、前回も指摘されたように、その要件は複雑で、税理士でも適用には二の足を踏むことが少なくないようです。ただ、この分野に詳しい...
税理士でも迷う。しかしメリット大の「小規模宅地の特例」(居住用)
相続税にはいくつかの特例措置がありますが、代表的なものの一つが「小規模宅地の特例」です。要件を満たせば、宅地の評価額が80%まで減額できますから、使わない手はありません。ただ、実際には「使えるのか・使えないのか...
さらに表示
税理士事務所には、「専門店」も「百貨店」もある
税理士といえば、言わずと知れた税の専門家。ただし、みんながみんな、すべての税目に精通しているとは限りません。むしろ、それぞれに得意分野を持ちつつ、相談に乗っているのが普通。複数のプロがタッグを組む税理士事務所の...
申告準備に七転八倒の夫を見かねて…
相続税の申告を税理士に依頼すると、お金がかかる。いっそのこと、自分でやってしまおうか――。そう考えたくなるのは、人情というもの。今年1月の基礎控除の大幅な引き下げで、相続税の申告、課税対象者が増えただけに、実際...
相続税の申告は、やっぱり税理士に任せよう
「相続税の申告を税理士さんに頼むと、手数料を取られるから」「なんとなくやれそうだから」――。そんな理由で、相続税の申告を自分でする人がいます。確かに、それならお金はかからないし、税務署以外の他人に懐を覗かれるこ...
「税務署は多忙。少額の相続税は申告しなくても大丈夫」は本当か?
今年1月から、相続税の基礎控除額(税を払うか、払わないでいいかのボーダーライン)が引き下げられ、課税対象者が大幅に増加しています。わが家の相続も気になるところですが、逆に雑誌などで、「税務署のマンパワーでは、『...
税理士の立場で考える、セカンド・オピニオン
相続財産の評価は適切なのか? 相続税はもっと安くならないの? そんな気持ちから、相続に際して、税金の申告書を作成したのとは、別の税理士さんに意見を求める人がいます。税理士の浅野和治先生は、そうしたセカンド・オピ...
さらに表示
知らないと怖い!? 海外資産の相続(下)
より有利な金利、高い投資効率を求めて、個人資産を海外に移す日本人が増えています。金融機関も様々な商品を発売し、人気は高まるばかり。確かに、海外投資のハイリターンは魅力です。ところが、それも「生きている」うちのこ...
知らないと怖い!? 海外資産の相続(上)
日本国内に比べて金利は高いし、運用益も大きい――。そんな理由から、海外に資産を移したり、運用したりする人が増えています。ただし、いざそれを相続するとなると、状況は一変。相続税をはじめとして、いろいろなリスクを背...
1円でも税金を減らすのが、税理士の役目だけれど……
相続税を心配して税理士のところに相談に来る人は、当然ながら「できることなら払わないでいいように」「払うにしても、なるべく少額で済むように」という思いを抱えています。それに応えるためには、「何より経験値がものをい...
例えば、不動産が絡む相続だったら、不動産に強い税理士に頼む。それが鉄則
弁護士にも、離婚問題や相続などの案件に取り組む“マチ弁”もいれば、労働争議に強い人、あるいは企業法務のエキスパートなど、いろんな専門家がいます。税理士も同じで、相続に詳しい先生もいれば、そうでない人もいる。その...
不動産で相続税を軽減するなら、タワーマンションか、貸付用のワンルーム
2015年1月から、基礎控除額の大幅な引き下げ、最高税率の引き上げが実施される相続税。本や雑誌の特集などでは、さまざまな「節税対策」がうたわれています。「誰もができる、効果的な相続対策」は、はたして本当にあるの...
相続が得意な税理士の無料紹介はこちら