遺産相続「先生、教えて!」
遺産相続「先生、教えて!」
新着記事
家族の感情の行き違いが演出する「ドラマより奇な」相続
家族の感情の行き違いが演出する「ドラマより奇な」相続new
亡くなった人の遺産を分ける相続。「いざとなって揉めないように、事前にしっかり準備しましょう」と言われるのですが、浅野税務会計事務所の浅野和治先生は、「準備は必要。ただし、それでもあっと驚く事態が起こるのが、相続なのです」と話します。今回は、そんな事例の数々をご…
税制は変わる。気をつけたい不動産の相続
税制は変わる。気をつけたい不動産の相続
相続の際、特に問題になりやすいのが土地や建物=不動産です。現金と違って相続人の間で分けづらいことに加え、相続財産として高額の評価を受けると、相続税の心配をしなくてはなりません。十分な支払い能力があればまだしも、税金に耐えられず、実家を手放さざるをえなくな…
記事一覧
2018年の10月19日、最高裁判所が「相続分の譲渡は生前贈与であり、他の相続人には遺留分が認められる」という判断を示しました。これだけ聞いても“?”かもしれませんが、同様のケース…
親が亡くなり、その財産を受け継ぐ。そこには、「親への思い」ばかりではなく、「欲望」「権利意識」「他の相続人への対抗意識」といった様々な感情が渦巻き、それがもとで骨肉の争いになったり…
相続の際、トラブルを生みやすいのが不動産です。高額の資産で、現金などのようにきっちり割り切るのも難しいのが、その原因。ネットなどでも、ケースに合わせた対策が指南されていますが、新日…
営む事業を子どもなどに引き継ぎたい人にとって、自社株の譲渡は頭の痛い問題。その悩みに応えるべく、今年、「事業承継税制」の抜本改正が行われ、要件を満たせば、株の贈与税、相続税が100…
亡くなった人の残した財産を引き継ぐ、相続。相続人、特に子どもが複数いる場合には、取り分が「多い」「少ない」の話になることが珍しくありません。この分野に実績のあるベイヒルズ税理士法人…
「何十年もかけて築いてきた事業を息子に譲りたいが、本人にはその気がないようだ」「買い手を探しても、いっこうに見つからない」――。世代交代の時期を迎えた経営者にとって、事業承継は大き…
残念ながら、相続に争いはつきもの。現金と違って分割するのが難しい不動産が絡めば、そのリスクはさらに高まります。中には、遺産分割を円満に済ませたと思いきや、とんでもない間違いを犯して…
儲けや資産に公平にかけられる税金。課税内容は、法律でさぞや明快に決められているかと思いきや、実際には資産などの評価の仕方によって支払額が大幅に変わる、といった“グレーゾーン”が、予…
記事一覧