トップへ

遺産相続「先生、教えて!」
遺産相続「先生、教えて!」
裁判までして相続した会社を、 部外者に乗っ取られた
裁判までして相続した会社を、  部外者に乗っ取られた
遺産分割をめぐって、親族同士が骨肉の戦いを繰り広げる「争続」。時には、相続人の間の話し合いではまとまらず、裁判に持ち込まれることもあります。今回、大貫利一税理士事務所の大貫利一先生にご紹介いただくのも、そんな事例です。ただし、もともと複雑な家族関係だったのに加え、部外者の「参入」でさらに争いは混沌、出口の見えない状況に……。
◆会社は生前贈与されていた
今回も、ベテランの先生が手を焼いた事例を紹介してください。
私自身、ちょっとしたミスを犯してしまった相続の話をしてみましょう。ちょっと前の案件なのですが、被相続人はいくつかの会社を経営していたお父さん。私は、そこの顧問税理士でした。被相続人には、離婚した前妻がいて、彼女との間に子どもが3人。そして、亡くなる半年前に入籍した後妻がいました。で、なぜか別れた前妻と同居していて、後妻は別の家に住んでいたんですね。
すでに争いの予感がします。
当然、前妻側と後妻は仲が悪い。特に前妻の長男とは犬猿の仲だったんですよ。さて、相続になってまず揉めたのは、「会社を誰が引き継ぐか」ということでした。お父さんは遺言書を残していて、そこには「すべての会社を後妻に譲る」とあったんですね。ところが、保有する中で最も大きな会社の株を、長男に生前贈与していたんですよ。実は、私は息子さんに「贈与契約書を作って欲しい」と頼まれて、書式だけ整えて二人に送っていました。ところが、後妻のほうは、「遺言書の中身に照らせば、贈与契約は虚偽に違いない」と、長男を訴えたのです。判決は、「契約はOK」。で、その会社は、長男が受け継ぐことになりました。これがまあ、第1ラウンド。
家も土地も奪われる!?
まだ続きがあるんですね。
はい。まず、相続税の申告準備を始めようとしたら、私は外されてしまった。後妻には、私が前妻サイドの代理人のように見えたのでしょう。そこからは、別の税理士さんがやることになり、とりあえず財産未分割(※1)のまま、申告はしたのです。ところが、案の定今度は「会社以外の財産」でバトル勃発です。そのさ中、とんでもない事実が発覚しました。会社を継いだはずの長男が、自社株を全部、部外者のA氏に渡していたんですよ。「借金のカタ」だったそう。 これは一大事で、その会社は、譲渡担保(※2)の形で、自宅の土地、時価5億円ぐらいの不動産を取っていました。長男は、会社からも借金していた。いずれにせよ、会社を乗っ取れば、もれなくそれがついてくるというパターン。おそらくA氏の狙いはそこにあったのでしょう。加えて、渦中の長男は、急死してしまいました。
まるでドラマのような展開です。
弁護士さんと協力しながら、なんとか財産を取り戻すべく奮闘したのですが、以後の話は、次にお話ししましょう。
※1未分割申告 相続税の申告期限(相続開始から10ヵ月以内)に遺産分割が間に合わない場合に、いったん法定相続分(民法で定められた、相続人の取り分)で相続したと仮定して、申告、納税すること。
※2譲渡担保 担保である財産権をいったん債権者に譲渡し、債務者が債務を弁済した時に返還するという、債権の物的担保制度。
◆法改正の判断ミスで、 払い過ぎの相続税を取り戻せなかった!
裁判までして相続した会社を、  部外者に乗っ取られた
手立てを尽くして、財産を取り戻した
長男が、父親から相続した会社の株を第3者に渡してしまい、このままでは譲渡担保(※)に入っている自宅の土地も取られてしまう――。さきほどは、そんなお話でした。
どうにかできないかと、弁護士さんと協力して、後妻に渡った他の数社と長男との債権債務関係を調べてみたら、これがまたハンパではないわけです。「長男の会社」も含めた会社相互のやり取りも、かなりありました。詳述は避けますが、それらを一つひとつ精査し、対策を打った結果、A氏に渡った会社を“もぬけの殻”にすることに成功したんですよ。実質的に、譲渡担保を消すことができたのです。 そうやって、自宅が戻って来たところで、あらためて遺産分割協議を行いました。ここからは、「私が申告をする」と宣言して、再び担当させてもらいました。ところが、申告をやり直そうと、別の税理士さんの作った以前の申告書を見たら、例えば不動産の評価額が高すぎるのです。そこで、新たな遺産分割と合わせて「更正の請求」をしようと考えました。
「更生の嘆願」をしていれば……
更正の請求ができるのは、申告期限から5年です。すったもんだがあって、かなり時間を費やしてしまいましたが、まだ間に合うはずでした。この案件の場合、リミットは2016年3月。あらためて申告したのが、その年の1月ですから、悠々セーフだと思っていたのですが……。リミット直前になって、税務署から「この請求は認められませんよ」と連絡が入ったんですよ。 実は、更正の請求が5年認められるのは、「申告期限が2011年12月2日以後の相続」なのです。それ以前の相続の場合は、1年だった。この案件は、後者だったのです。ただし、その場合にも「更生の嘆願」というやり方がありました。それが認められれば、やっぱり5年遡れるんですね。「請求」ではなく「嘆願」にすべきでした。
両者の違いは、何ですか?
前者は納税者の権利、後者はあくまでも「お願い」で、否認されても争いを起こしたりはできないんですね。でも、税務署が認めれば、効力は同じです。それにしても、2ヵ月前に申告しているのに、ギリギリになって「NO」を言ってくる税務署のやり方にも、腹が立ちましたね。失いそうになった自宅を取り返したことで、相続人から感謝されたのは救いでしたけど。
※譲渡担保 担保である財産権をいったん債権者に譲渡し、債務者が債務を弁済した時に返還するという、債権の物的担保制度。
◆相続は、「申告しました」で 終わりではない?
裁判までして相続した会社を、  部外者に乗っ取られた
相続は、誰でもできるわけではない
いくつか相続の事例をうかがってきましたが、どれも前例のないようなお話で、どんな税理士さんでも扱えるという案件ではないように思います。
私は、もともと資産税、相続税に特化した事務所にいて、そこでかなり鍛えられました。当時は、まだ相続をやる人は少なかったのですが、今は“ブーム”のような感じにもなっていますよね。それだけに、経験の浅い人が「ベテラン」を名乗るケースも増えているようです。悪口を言うつもりはないのですけど、ネットの記事を読んでいて、「この人、本当にできるんだろうか?」と感じたりすることも、しばしば。さきほどの事例もそうでしたが、いったん別の税理士さんがやった申告を「修正」することも、けっこうあるのです。 ただ、私はそういう「難しい」事柄の解決だけではなくて、最後までお客様をフォローするといったサービスも大事にしているんですよ。申告が終わった後の精算まで面倒をみる税理士は、そう多くはないと思うのですが。
相続が終わってから、発生するやり取り
清算というのは?
相続税の申告は、あくまでも相続発生時、すなわち被相続人が亡くなった時点の財産がベースになります。分かりやすい例を挙げれば、長男が預金、長女が株を相続したとします。株の配当金は、長女が譲り受けた通帳の口座に入るはずだったのだけど、相続発生後、一部が長男のほうに振り込まれてしまった。この場合は、そのぶんを長女に戻す必要が生じるわけです。相続発生後に、被相続人名義の預金からお金が引き出されていて、「私の相続財産が目減りしている!」といったケースも起こりえるでしょう。そういう時には、それが通帳を管理していた人間が個人的に使ったのか、それとも葬儀費用だったのかといったことも調べたうえで、清算しなくてはなりません。 こうした作業は、普通は遺言執行人(※)がやるんですね。財産をいったん執行人の口座に集めて、今お話ししたような調査などを行った後に、相続人に振り分けて、清算書を作成するのです。「AさんはBさんにいくら振り込んでください」「CさんはBさんからいくらもらってください」と。ただ、私は遺言執行人になっていなくても、基本的にそこまでやることにしているんですよ。引き受けた以上、最後まで感謝されて終わりたいですから。
※遺言執行人 財産目録の作成、相続財産の管理、遺言の執行に必要な一切の手続きを行う。相続人の1人がなったり、弁護士や司法書士など専門家に依頼したりすることができる。
あなたにおすすめの記事
「相続は、被相続人が亡くなって始まるものではありません」「いろんな思いはあっても、最後は『そこにあるお金』で折り合いをつけるしかないのです」――。資産税、相続税専門の事務所…
「女性活躍社会」が政策目標になっていますが、税理士業界でも女性比率が右肩上がりに高まっています。日本税理士会連合会の調査によると、2013年3月末の時点で初めて1万人を超え…
人がいつ亡くなるか? いつ相続が発生するのか? 正確に予測することは不可能です。それだけに、「節税のために、できる対策がこんなにあったのに」「早く決断すればよかった」といっ…
ふだん特にお互いを意識することなく暮らしていた家族だったのに、相続が発生したとたんいろいろな感情が顔を出し、時にはそれが諍いを生んでしまう――。それが相続の怖さ、「不思議さ…