トップへ

遺産相続「先生、教えて!」
遺産相続「先生、教えて!」
遺産相続「先生、教えて!」記事一覧
「相続は、被相続人が亡くなって始まるものではありません」「いろんな思いはあっても、最後は『そこにあるお金』で折り合いをつけるしかないのです」――。資産税、相続税専門の事務所…
「女性活躍社会」が政策目標になっていますが、税理士業界でも女性比率が右肩上がりに高まっています。日本税理士会連合会の調査によると、2013年3月末の時点で初めて1万人を超え…
人がいつ亡くなるか? いつ相続が発生するのか? 正確に予測することは不可能です。それだけに、「節税のために、できる対策がこんなにあったのに」「早く決断すればよかった」といっ…
ふだん特にお互いを意識することなく暮らしていた家族だったのに、相続が発生したとたんいろいろな感情が顔を出し、時にはそれが諍いを生んでしまう――。それが相続の怖さ、「不思議さ…
遺産分割をめぐって、親族同士が骨肉の戦いを繰り広げる「争続」。時には、相続人の間の話し合いではまとまらず、裁判に持ち込まれることもあります。今回、大貫利一税理士事務所の大貫…
相続における税理士の仕事は、相続税の節税のために知恵を絞り、できるだけ遺産分割協議がスムーズに進むよう、サポートすること。しかし、実際の相続には、それ以外に様々な問題の起こ…
「自分が死んだら、財産はこう分けて欲しい」。そういう意思を、残る人たちにきちんと伝える遺言書は、無用の相続争いを防ぐうえでも重要です。でも、書き方を間違えると、思いとは異な…
支払う税金はできるだけ少なく、そして何よりも円満な相続にしたい――。税理士に相続について相談する人は、みんなそう願っているはず。では、アドバイスを送る側は、最良のサービスを…
決して仲が悪かったわけではないのに、親の相続になったとたん、子ども同士が諍いを始めてしまう――。それが相続の現実です。争いを呼び込む大きな原因が、「あの財産は、お母さんが私…
今年1月、「相続税の節税を目的とした養子縁組は有効か」で争われていた裁判で、最高裁が「有効」という判断を下しました。メディアは「従来の運用を追認した」と報じましたが、このよ…
地方に行くと、1000㎡を超えるような「使われていない広い土地」を所有している人が、けっこういます。ところがそれは、遊ばせているのがもったいないだけでなく、その人が亡くなり…
相続で揉めやすい財産の代表格が土地です。誰か1人がもらうのか、みんなで分けるのか、いっそのこと現金に換えるのか……。揉める理由は、みんながそれを欲しいからにほかなりません。…
狭い日本とはいえ、それぞれの地域によって様々な歴史や文化があり、産業構造も異なります。そうしたものを反映して、例えば同じ婚礼でも、豪華絢爛な祝い事を営む地方と、そうでないと…
親が死んで相続になったから、申告を税理士に依頼。でも、その先生が相続に詳しくなかったら、多額な税金を無駄に支払う羽目になるかもしれません。ただそうはいっても、「いい税理士」…
「正しい遺言書の書き方」。ネットには、そんな記事が並んでいます。しかし、実際にそれを残すのは、まだ少数派。そのために、相続人の間でトラブルが発生したり、被相続人の意思とは異…